Phil Harrison氏、「振動機能は前世代のもの」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Phil Harrison氏、「振動機能は前世代のもの」

ニュース 最新ニュース


コスト面などから振動機能が見送られたと言われるSXIAXIS。Sony Computer Entertainment Worldwide StudiosのPhil Harrison氏はSIXAXISについてこう語ります。




私はSIXAXISがゲームデザイナーと開発者に振動機能よりはるかに多くの、将来の革新のための機会を与えると思っています。
現在、振動機能は前世代の機能であると私は思います。それは次世代の特徴でありません。私はモーションセンシティビティこそ次世代であると思います。


モーションセンサーは振動機能に取って代わるものではない気がしますが、Playstation3を次世代と言うくくりでまとめたいというこだわりも感じられます。しかしPlaystation2およびその他のゲーム機で振動機能に慣れてしまったプレイヤーにとって、爆発時や衝突時に振動しないというのは大きな違和感となっているのは間違いありません。彼もそれを意識しているのか以下のような発言もしています。


それでもやはり振動、またはフィードバック機能を含んでいるステアリングホールのようなコントローラーが登場する可能性もあるでしょう。我々からでなくサードパーティからね。


と振動機能を有したコントローラーの登場を示唆していますが、ソニーから復活させるつもりはなさそうです……。[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/]1up[/url])[/size]

[i]SIXAXIS[/i]過去の記事一覧
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

    米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

  2. 籾山庸爾氏原作のミニチュア『SteamCity』がPCゲーム化!―アジアンなスチームパンク世界

    籾山庸爾氏原作のミニチュア『SteamCity』がPCゲーム化!―アジアンなスチームパンク世界

  3. Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!

    Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!

  4. 2016年にキャンセルされた『Hollowpoint』再発表!Red Kite Gamesが開発引き継ぎ

  5. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴

  6. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

  7. 『PUBG』テストサーバー実施期間が延長、PC版正式リリースまで継続

  8. ニンテンドースイッチ版『PAYDAY 2』海外発売が2018年2月に!気軽に銀行強盗だ

  9. Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

  10. 12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

アクセスランキングをもっと見る

page top