『ゼルダの伝説』次回作以降はモーションコントロールに特化? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ゼルダの伝説』次回作以降はモーションコントロールに特化?

家庭用ゲーム Wii

WiiとGCで発売された[b]ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス[/b]。Wii版ではWiiリモコンとヌンチャクを使った操作で大評判でしたが、この作品では[b]モーションコントロールはほとんど使われることなくして完成した[/b]、という青沼氏のコメントがありました。かいつまんでご紹介します。


海外雑誌で取り上げられていた、インタビューからのものを少し。
[b]私はエンドユーザーを困惑させるか、ゲームを壊したくなかったので、あまりに多くモーションコントロールを追加するのは怖かったのです。それ以前にこのタイトルはWiiのローンチタイトルでしたから、「1つの基本」として大事にしておかなければなりませんでした。しかし、将来私たちが多くのモーションコントロールを組み入れて動作しているのを、確実に見ることは出来ます。[/b]

また、トワイライトプリンセスの続編(?)があるようにも思えるが?という質問に対しては、[b]その方法があるなら私たちは意見を聞く必要があります[/b]とディレクターに注意された、とも。

何にしても、Wiiのゼルダはこれで終わった訳ではない、ということを示しているようにも思えます。現在、DS版ゼルダが開発中ということもあり、Wii版の次回作ゼルダを進めるのはそれから、ということかも知れませんね。いずれにしても、モーションコントロールを強化したゼルダを期待して良いかも?
[size=x-small](ソース: [url=http://play.tm/story/9712]Play.tm[/url],[url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=159774]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
『ゼルダの伝説』ニンテンドーDS版が遂にお披露目@GDC 07
コンポーネントvsコンポジット画質比較(ゼルダを使用)
海外レビューハイスコアゲーム 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』

ゼルダの伝説の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Nintendo
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

    『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

  2. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  3. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

    『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  4. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  5. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  6. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  7. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  8. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  9. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  10. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

アクセスランキングをもっと見る

page top