ニンテンドーDS用のぺイント&アニメーションソフトが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンテンドーDS用のぺイント&アニメーションソフトが登場

携帯ゲーム DS

マリオペイントがニンテンドーDSに移植される、随分前にそんなウワサを耳にした方もいるかもしれませんが、ありそうでなかったDS用のペイントソフトが、人知れず海外で開発されているようです。こちらの映像は、GDC 2007とほぼ同時期にアメリカ・テキサスで開催されたSXSW(South by Southwest)というイベントで展示されたもの。ご覧の通りニンテンドーDS用のペイント&アニメーション用のソフト。




このソフトを開発したBob Sabiston氏は、ちょっとアンダーグラウンドなアート系の映画「A Scanner Darkly」のアニメーションを担当した人物。キアヌー・リーブスなど有名俳優の実写を取り込んだ不思議なアニメーション映画で、SFものが好きな方ならご存知かもしれません。

ムービーを見ての通り、このツールではペイントだけでなく、作成したイラストをアニメーションさせたり、効果音や音楽を挿入することができます。また、自分が作った作品をWi-Fiコネクションを通して公開することもできるようになるそうです。

>作品の一例。楽しそうですね、細部からちくちく描き込んだ感じ


といっても、まだソフト自体開発途中で、販売元などもぜんぜんあてがないとのことで、実際に製品として発売されるのはずっと先の話になりそう。それでも、映画やアニメのアーティストが制作したソフトということでちょっと楽しみではあります。Photoshopみたいな存在に大化けしたり、なんて。[size=x-small](ソース: [url=http://www.pocketgamer.co.uk/blog/index.php/2007/3/13/bob-sabiston-brings-mario-paint-to-the-ds-nearly/]The Pocket Gamer Blog[/url])[/size]

【関連記事】
GDC 07で見つけたこんなゲーム『The Blob』、塊魂 meets…マリオペイント!?
MS PaintでPSP本体を描く工程ムービー
もしもゲーム機がアヒルだったら・・・。おかしすぎるファンアート
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. おねえちゃんも、かえってこなくなっちゃった…『夜廻』闇に潜む恐怖が徐々に判明

    おねえちゃんも、かえってこなくなっちゃった…『夜廻』闇に潜む恐怖が徐々に判明

  2. 彩京の名作シューティング『ガンバード2』がリミックス版でPSPに登場!

    彩京の名作シューティング『ガンバード2』がリミックス版でPSPに登場!

  3. スクエニの3DS新作アクションRPG『Heroes of Ruin』最新トレイラー

    スクエニの3DS新作アクションRPG『Heroes of Ruin』最新トレイラー

  4. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  5. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  6. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  7. 【UPDATE】国内向けPS4/PS Vita版『UNDERTALE』配信開始! ボクと いっしょに あそばない?

  8. ポケステがVitaで復活『PocketStation for PlayStation Vita』PS Plusで先行配信開始―『どこでもいっしょ』『こねこもいっしょ』も12月3日配信

  9. GDC 09: 蒸気機関車で世界を冒険!『The Legend of Zelda: Spirit Tracks』トレイラー&ディテール

  10. 噂: ニンテンドー3DSは実績、フレンドリスト、ボイスチャットを搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top