PS3×3台!IBMによるリアルタイムレイトレーシングデモ動画 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3×3台!IBMによるリアルタイムレイトレーシングデモ動画

家庭用ゲーム PS3



おなじみYoutubeにて、PS3の本体を3台使ってリアルタイムのレイトレーシングを行っている様子を撮影した動画が公開されています。ビデオカードの複数枚セットなんかは既にハイエンドゲーマーにもおなじみですが、実際に複数のPS3をつなげて1枚の画面を分散処理させている様子はなかなか興味深いです。たんぱく質解析の次は、レンダリングファーム!?



レイトレーシングというのは、ゲームなどリアルタイムCGの世界で使われているスキャンライン法とはまったく異なり、よりリアリティのある光の表現が可能になる映画などのコンピュータグラフィックスでは一般的な手法ですが、その為には膨大な計算量を必要とします。

今回のIBM Interactive Ray-tracerと名付けられたコードはLinuxで動いていて、やはり本体のGPUは使わずPS3のCELLだけでレンダリングしているようなのですが、これをIBMのブレードサーバーなどではなく、実際にPS3の本体を複数つなげて動かしているというのが、なんともインパクトありますね。

3台のPS3で頑張ってもまだちょっと重そうな感じですが、プログラム自体はスケーラブルな構成になっており、このまま接続しているPS3の数を増やしていくことで、まだまだフレームレートを向上させることも出来るみたい。

なかなかこれがそのままゲームへと応用されることはないかもしれませんが、コンピュータとしては単価が安いこともあって、どこぞの研究室のラックを埋め尽くしたPS3の山が本当にスーパーコンピュータとして動作する日も近いかも!?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.destructoid.com/ibm-ray-tracing-demo-on-three-ps-triples-30793.phtml]Destructoid "IBM Ray-tracing demo on three PS triples"[/url])[/size]

 
【関連記事】
PS3のCellプロセッサが順調にコストダウン、IBMでも65nmで生産開始
6GHz動作するCellや1TFlopsを超えるIntelの最新チップが学会発表に
John Carmack次世代機を語る。idからは再び任天堂向けタイトルも?
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

    PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  2. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  3. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

    『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  4. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  5. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  6. 『シェンムー3』美麗な街並みや涼の姿を収めた新ショット3枚が披露

  7. スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売! 早期購入特典として“懐かしの一作”を移植

  8. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  9. 『メタルギア サヴァイブ』シングルプレイ最新ハンズオン―試遊の様子を一足早くお届け!

  10. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

アクセスランキングをもっと見る

page top