『Enemy Territory: Quake Wars』スクリーンショットとプレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Enemy Territory: Quake Wars』スクリーンショットとプレビュー

PC Windows

[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11520&kword=quake]Enemy Territory: Quake Wars[/url]のスクリーンショット[url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=42220&mode=thread&order=0]Windows版[/url]と、プレビューが入ってきました。地球外エイリアンと戦うFPSで、戦略的なチームプレイを特徴としています。日中の夜間でそれぞれの任務があり、最も強力な武器と乗り物などが用意されているとのこと。掻い摘んでご紹介します。






[b]・敵の領地でのゲームプレイ[/b]
敵領地をすべて確保するか、敵に最前線を乗っ取られるかで勝敗が決まります。プレイヤーの主な目的は、彼らの車両やキャラクターのクラス能力を使って一緒に行動しなければなりません。あるいは、重要施設を守るか、大きな攻撃を実行することも可能です。ゲームプレイは、あらゆるテクニカルレベルのプレイヤーがバトルに参加し、全体的な任務に対する貢献が出来るように許可されています。

[b]・非対称のゲームプレイ[/b]
地球側のGDF、エイリアン側のStroggは両方とも、見て、動いて、ユニークな振る舞いをします。基地やキャラクター、車両や武器は各々のテクノロジーで動作します。それはプレイヤーが戦闘へ入る際に特徴的なアプローチとなります。例えば、Stroggのテクノロジーが持っているStrogg強化に必要となる「ホスト」素体として相手側のGDF兵の死体を使うといった場合、GDFのメディックはそれを回復することが可能であり、フィールドで素早く負傷した(あるいは倒れた)兵士を回復することが出来ます。

まだまだ、フィーチャーや面白い機能が詰め込まれている[b]Enemy Territory: Quake Wars[/b]。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11520&kword=quake]Windows版[/url]は6月5日発売予定、価格は6,980円(税込)です。もっとQuakeをプレイしたい!という方には、お奨めのタイトルです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=42220&mode=thread&order=0]WorthPlaying[/url],[url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=161978]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
『Enemy Territory: Quake Wars』の新スクリーンショット公開
『Enemy Territory: Quake Wars』がXbox360、PS3でも発売決定!
GDEXストア新着情報 『Crysis』の予約受付中!

Enemy Territory: Quake Warsの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Activision
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

    Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  2. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

    クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  3. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

    惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  4. 『Neverwinter Nights: Enhanced Edition』発表!―高解像度対応・後方互換性も

  5. 猫島の秘密を探るデートシム!?『Purrfect Date』配信日決定―耳に残るトレイラーも必見

  6. SCP財団テイストな狂気のSF経営シム『Lobotomy Corporation』日本語版が配信スタート

  7. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  8. 料理の鉄人風ADV『BATTLE CHEF BRIGADE』海外配信日決定!―食材はモンスター

  9. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

page top