Crytekが新作に向けて新たな開発スタジオを発足! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytekが新作に向けて新たな開発スタジオを発足!

PC Windows


Crytekは11日、自社HPで新しいプロジェクトの開始に向けてキエフ(ウクライナの首都)にあるサテライトオフィスを、正式な開発スタジオとすることを発表しました。今後はフランクフルトとキエフのスタジオで、平行して複数のゲームが開発されていくことになるのでしょう。このスタジオで制作される新作に関しては、まだ企画段階ではあると思いますがマルチプラットフォームでの展開も考えられるので続報に期待です。



Crytekは1999年に設立されたドイツ(フランクフルト)にオフィスを構える独立系ディベロッパーで、オリジナルゲームエンジンとなるCryEngineを開発後、2004年に処女作となるFarcryを発売し現在はCryEngine2で2作目となるCrysisをPC向けに制作しています。先進的な技術を積極的に取り入れていくためゲームエンジン、コンピュータグラフィクス分野での話題が多いこの会社ですが実は新興メーカーだったりします。従業員は約120人で平均年齢は30歳ちょっととか。
[size=x-small](ソース:[url=http://www.crytek.com/news/story.php?id=1505&p=0&n=news&t=14]Crytek[/url])[/size]

【関連記事】
やっぱりコンソールポートも登場!?『Crysis』開発元が移植スタッフを募集中

Crytekの関連記事をGame*Sparkで検索!
《Micchan》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  5. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  8. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  9. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  10. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

アクセスランキングをもっと見る

page top