Xbox Liveに『Second Life』を構築?!MSのShane Kim氏が言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Liveに『Second Life』を構築?!MSのShane Kim氏が言及

PC Windows



マイクロソフトのShane Kim氏が、Halo 3のイベントでのShacknewsの[url=http://www.shacknews.com/extras/2007/051407_shane_kim_1.x]インタビュー[/url]を受け、PS3のHomeに言及。その際にSecond Lifeのリンデンラボの関係者と会合を持っていたことを告白。"Xbox Live上にSecond Lifeを構築することを試みた"と明らかにしました。Homeについては成功に疑問を呈しています。



[b]Shacknews[/b]: PlayStationのHomeについては、どうお考えになってますか?あなた方もあれに似たことや、もしくは…

[b]Shane Kim[/b]: いえいえ、そんなことをする必要はないと思っています。私は、Linden Lab(Second Lifeの開発元)の人たちと少し過ごしました。Second LifeをXbox Liveの上に作ること。もしくは、YouTubeとか、Facebookとか、そういったソーシャルネットワーキングのサービスやサイトを。

大きな仕事でした。全てソフトウェアであり、そして私達はソフトウェアの会社です。私は、(Sonyが)本当に豊かで魅力的なやり方で、それを実装し運用する能力があるか疑問に思います。PlayStation Networkは、Xbox Liveではありません。それに迫れてすらいません。あれの上に、Homeを重ねることを考えたら…わーお。その本当に困難なところは、システムを構築するだけではなく、その振る舞いを統制するといったあらゆる部分もです。

いやはや、これはインフラへの大規模な投資です。私は、大半のゲーマー達が私達のXbox Live、そして今Games for Windows Liveといった私達が作ってきたやり方に、実際多くの価値を見出すと思います。ゲームにまつわるあらゆる要素から始まり、今やメッセンジャーや、ビデオマーケットプレイス、他にもたくさん。これこそ、はるかに良いやり方であると自分が考えることですし、我々の取り組みとなることでしょう。


バーチャルワールドSecond Lifeは、すべてのユーザーが創造し発展させてゆく、永続的な3Dオンラインスペースです([url=http://secondlife.com/world/jp/]Second Life[/url]:公式サイト)。

今の所、Xbox(Windows) Liveの方は現在のスタンスで行くようですが、既に話し合いを持っていたなんてのは、なんだかんだ言ってライバルが気になっているのかも!?現在のLiveでも、以前よりユーザー作成コンテンツを許可するオプションみたいなのが現れていますが、ソーシャルネットワーキング的という意味であれば、マイクロソフトはマイクロソフトなりに手持ちの駒を使った"永続的なオンラインスペース"を目指している、という想像もできるでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://spong.com/article/12555/Microsoft_Second_Life_On_XBox_Live_/?d=200705141340&cb=698]spong.com: "Microsoft: Second Life On XBox Live?"[/url]) [/size]

※Update: インタビューの一部などを加筆しました。

【関連記事】
惨事の容疑者は『Counter Strike』プレイヤー?『Second Life』では追悼イベントが…
『Second Life』仮想世界に公式のスウェーデン大使館が誕生!?
『Playstation Home』のプレイムービーがリーク

(c)2007 Linden Research, Inc.
《Kako》

特集

PC アクセスランキング

  1. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  5. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  6. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top