日本版と北米版でどう違う?PS3『Ninja Gaiden Sigma』のパッケージング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本版と北米版でどう違う?PS3『Ninja Gaiden Sigma』のパッケージング

日本発売まで1ヵ月を切り、PS3ユーザーの期待を一心に背負っていると言っても過言ではないTeam Ninjaの最新作忍アクション[b]Ninja Gaiden Sigma[/b]ですが、日本版と北米版にはパッケージングに色々違いがあるようです。

家庭用ゲーム PS3


日本発売まで1ヵ月を切り、PS3ユーザーの期待を一心に背負っていると言っても過言ではないTeam Ninjaの最新作忍アクションNinja Gaiden Sigmaですが、日本版と北米版にはパッケージングに色々違いがあるようです。




日本版
2007年6月14日発売予定
購入特典でオフィシャルガイドブックが付く
テクモ通販専売でB2ポスターが付く
ソフマップ通販専売であやねテレカが付く



北米版
2007年6月26日発売予定(7月に延びる可能性有り)
GameStop専売でCollectors Editionがある
GameStop専売で通常版にTシャツが付く


Collectors Editionの内容は「特製Hi-Resパッケージ・スペシャル映像DVD付・スペシャルミッション解除コード付」となっており、全体的に北米版の方が特典が豪華ですね。

またゲーム描写にも若干の違いがあり、北米版では人間系敵キャラターを倒した時、首が飛ぶ表現が有るのですが、日本版では飛ばないよう変更されています(怪物系敵キャラクターでは日本版でも首が飛びます)。血糊の出方も日本版では抑えられているようです。

ちなみに首が飛ぶ描写はXboxの頃からあり、それによって敵を倒したかどうかを瞬間的に見分ける中々に重要なファクターではあるのですが、やはりレーティングを下げ一人でも多くのプレイヤーを得るためには描写変更は仕方無いのかもしれません。

【関連記事】
『Ninja Gaiden Sigma』の体験版リリース
『Ninja Gaiden Sigma』の新トレーラー公開
DS『Ninja Gaiden Dragon Sword』の新ゲームプレイムービー公開

Ninja Gaiden Sigmaの関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)2007 Tecmo,LTD. All rights reserved.
《Ten-Four》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

    【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  2. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  3. 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

    開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

  4. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  5. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  6. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  7. 『どうぶつの森』スイッチ向け新作を発表!2019年発売予定

  8. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  9. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

  10. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top