『Kane & Lynch: Dead Men』激しく血気盛んな最新ショット&アートワーク | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Kane & Lynch: Dead Men』激しく血気盛んな最新ショット&アートワーク

PC Windows

先月末に、マルチプラットフォーム対応タイトルにシフトしたことが販売元Eidos Interactiveから発表されたバイオレンス・タクティカルシューター、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Kane+%26+Lynch&kcatid=&x=0&y=0]Kane & Lynch: Dead Men[/url]。本日、Eidosから海外サイトgames radarに届けられた大量のスクリーンショットと、ゲームの世界観が一発で身に染みる強烈なアートワーク二点をご紹介します。




凹凸コンビが主人公になる本作は、同じく二人組みが活躍するNext-gen専用のシューター、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Army+of+Two&kcatid=&x=0&y=0]Army of Two[/url]と内容的にもよく似た存在に思えますが、喧嘩っ早さというか、暴力的な描写は明らかにこちらが一枚上手。



開発を手掛けるのは、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Hitman&kcatid=&x=0&y=0]Hitmanシリーズ[/url]でおなじみのIO Interactive。同社の看板キャラ、感情を表に出さず冷静沈着にミッションを遂行するヒットマン、コードネーム“47”とは対照的に、本作のKaneとLynchおじさんは、感情むき出しで罵り合いながら必要以上に暴力を振る根っからの乱暴者。このまったくソリの会わないカオティックな二人にスポットを当てつつも、ゲームシステムはしっかりタクティカルシューターでしかも“Co-op(協力)”になっているのがまた強烈。

気になる二人の背景や性格などもこれからお伝えしていきたいところですが、今回はとにかくリリースほやほやの最新スクリーンショット群をじっくり見ておきましょう。



































マイケル・マン監督作品の影響を受けていることが以前も話題になったように、今回のスクリーンショットでは、映画「ヒート」そのまんまな真昼のオフィス街を舞台にした犯罪者と警察の激しい銃撃戦シーンが確認できます。

映画といえば本作は、発売前からハリウッド映画化の話があるというニュースも過去にお伝えしましたが、どうやらこちらも順調に話が進んでいる模様。現在はAクラスの作品を手掛けた経験のある監督と交渉をしているということです。

Windows PCとXbox 360に加えて、PS3もプラットフォームも加わり、予定では“今年の冬”とされているリリースに向け、いっそう注目度も高まっていきそうです。[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.gamesradar.com/us/xbox360/game/images/index.jsp?releaseId=2006071816358695095&page=1]games radar UK[/url])[/size]

【関連記事】
映画的過ぎるほど過激『Kane & Lynch: Dead Men』発売前から映画化が決まる
バイオレンスアクション『Kane and Lynch: DEAD MEN』X06トレイラー

(C) 2006 Eidos Interactive Ltd. Kane & Lynch: Dead MenTM Eidos Interactive Ltd.
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

    『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

  2. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  3. インディーアドベンチャー続編『Finding Paradise』発売日決定!―コメディー仕立てのトレーラーも

    インディーアドベンチャー続編『Finding Paradise』発売日決定!―コメディー仕立てのトレーラーも

  4. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  5. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  6. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top