『Dungeons & Dragons Tactics』最新のスクリーンショットとムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dungeons & Dragons Tactics』最新のスクリーンショットとムービー

過去に業務用ビデオゲームなどでもリリースされたことのある、Dungeons & Dragons。PSP版[b]Dungeons & Dragons Tactics[/b]の、最新スクリーンショット[b]6点[/b]とムービーが配信されていますのでご紹介します。システムについても少し述べられてますので、併せて

携帯ゲーム PSP
過去に業務用ビデオゲームなどでもリリースされたことのある、Dungeons & Dragons。PSP版[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=112-10211]Dungeons & Dragons Tactics[/url]の、最新スクリーンショット[url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=43559]6点[/url]とムービーが配信されていますのでご紹介します。システムについても少し述べられてますので、併せてご覧下さい。




ゲームシステムは、以前にもお伝えしてあるようにルール3.5を使用。種族とクラスは、2つのPsionicクラス、PsionとPsychic Warriorをプレイヤーが使うことができます。キャラクターカスタマイズも可能になっており、メモリースティックの容量が空いているだけ作れるようです。



無線LAN機能を使って友人とキャンペーンモードを協力プレイすることが可能です。また、コンテンツのダウンロードにも対応とのこと。UMDに収録されているキャンペーン以外でも、エピソードなどが追加出来るようです。プレイ寿命は長くなりそうですね。





※その他のスクリーンショットは[url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=43559]こちら[/url]。

プレイ時間は40時間以上という大作になっています。Dungeons & Dragons Tacticsの発売時期がまた少し延期されてしまっており、7月31日発売予定に変更となりました。只今、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=112-10211]予約受付中![/url]価格は6,800円(税込)です。
[size=x-small](ソース、イメージ: [url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=43559]Worthplaying[/url])[/size]

【関連記事】
『Dungeon & Dragons Tactics』プロデューサーインタビュー
『Dungeons & Dragons Tactics』最新スクリーンショット10点追加
D&DベースのアクションRPGがPSPに登場『Dungeons & Dragons Tactics』

Dungeons & Dragons Tacticsの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)ATARI,(C)Kuju Entertainment All Rights Reserved.
《Taka》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

    「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  2. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  3. 3DS新作『ルイージマンション』の発売日が発表―通信協力プレイにも対応したリメイク作

    3DS新作『ルイージマンション』の発売日が発表―通信協力プレイにも対応したリメイク作

  4. 3DS『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』発表! 『サン・ムーン』の世界を舞台にしたもう一つの物語

  5. 農場経営シム『Stardew Valley』のPS Vita版リリース日が海外発表!クロスバイにも対応

  6. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  7. 海外レビューハイスコア 『クライシスコア ファイナルファンタジーVII』

  8. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  9. 桃鉄の最新作!3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』今冬発売

アクセスランキングをもっと見る

page top