Unreal Engineに問題?KOEIの『Fatal Inertia』が開発に苦戦 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Unreal Engineに問題?KOEIの『Fatal Inertia』が開発に苦戦

PC Windows

KOEIがカナダのスタジオで開発中の最新レースゲーム、[b]Fatal Inertia[/b]。昨日最新のスクリーンショットをお伝えしたこのタイトル、今ではすっかり名前の知られるようになったUnreal Engine 3を採用しています。このフェイタル・イナーシャ、PLAYSTATION 3とXbox 360で発売予定ですが、発売は遅れていました。最近になってようやくXbox 360版が9月6日に発売決定し、待っていたユーザーを安心させました。この発売延期に関して、開発に用いたUnreal Engine 3が持つ問題がとりあげられているのですが……。


KOEIはPS3版のFatal Inertiaにおいて正常に動作させることに大きな困難を感じていたそうで、それがUnreal Engine 3の採用によるものだということに触れています。KOEIのJarik R. Sikat氏は他のUnreal Engine 3を採用したタイトルが軒並み発売を遅らせていることに言及。また先日のEpicとSilicon Knightsの訴訟問題にも触れています。

TGS2006でのFatal Inertia


E3 2007でのFatal Inertia


この、Unreal Engine 3が抱える開発の難しさに関して、PSX Xteramでは、そのゲームエンジンを開発したEpic GamesのMark Rein氏にコンタクトをとったそうです。Rein氏には以下のように返答しました。


「肝心なのは、大きなゲームを開発することはそれだけハードワークだということです。複雑なコンピューティングシステム上で、ワールドクラスのゲームをつくる際の困難を完全に克服できるような魔法の薬なんてありません。次世代プラットフォーム上でのゲームエンジンは大きな進化を遂げています。一朝一夕でゲームが完成することを期待することはできません。

我々のエンジン(Unreal Engine 3)はローンチタイトル向けの技術ではありません。もしローンチタイトルをつくりたいのなら、旧世代エンジンを使うか、それをアップグレードさせるのがいいでしょう。もしGears of WarやUnreal Tournament 3のような真の次世代ゲームをつくりたいのなら、そのエンジンの複雑さを理解するためには時間がかかるということを、認めなければなりません。」

上記のコメントを自ら裏付けるような形で、Epic Gamesは、自ら開発したエンジンを使った代表作、Unreal Tournament 3のPS3でのパフォーマンスに自信をみせています。

また、このUnreal Engine 3をめぐる問題にStrangleholdをリリースするMidwayのSteven Allison氏もコメントを寄せています。

我々が内部スタジオで次世代タイトルとして初めてとりかかったタイトル、Strangleholdは技術的に困難がありませんでした。我々のUnreal Engine 3採用の初めてのタイトルながら、PS3とXbox 360でクオリティの差は全くありません。

KOEIがUnreal Engine 3での開発に際し困難にぶつかったのは事実ですが、それがUnreal Engine 3のマイナスというわけではなく、次世代ゲーム全体が抱える開発の困難だというのがEpicの考えのようです。同様にUnreal Engine 3を使ったナムコのフレームシティも同じような流れで困難にぶつかった可能性は高いでしょうか。

先に触れたMidwayの他にも、UbiSoftも多くのタイトルにUnreal Engine 3を採用しています。日本でも、コーエーの他スクウェア・エニックスやカプコンなど多くのメーカーがUnreal Engine 3のライセンスを取得しています。Silicon Knightsの件と同じような事態がコーエーにもあったのかはわかりませんが、次世代機向けにエンジンを自社開発するのもおそらく同等、もしくはそれ以上の困難があり、相当の時間も必要となるという事実は確か。そしてその結果として、これからもUnreal Engine 3を採用したタイトルは続々とリリースされると思います。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.psxextreme.com/ps3-news/1576.html]PSX Xtereme: Koei Questions UE3 Engine, Epic Responds[/url],[url=http://www.n4g.com/industrynews/News-54199.aspx]N4G[/url] )[/size]

【関連記事】
Too Late!開発難航の『Too Human』Silicon KnightsがついにEpicを訴える
E3 07: 家庭用はPS3にしばらく独占!『Unreal Tournament 3』最新トレイラー
Koei、次世代機タイトルを延期・・フェイタルイナーシャとブレードストーム
『Stranglehold』メイキングムービーと最新スクリーンショット
スクウェア・エニックスの新作RPG『The Last Remnant』が発表に
カプコンがUnreal Engine 3のライセンスを取得

Unreal Engine 3の関連記事をGame*Sparkで検索!




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top