『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費)

PC Windows



MidWayが送り出す次世代機向け新IP、Strangleholdは、ジョン・ウー、チョウ・ユンファというビッグネームが名を連ねる映画ファンも期待のタイトルです。Xbox 360版、PC版は8月27日、PLAYSTATION 3版は9月17日発売とかなりリリースが近づいてきており、楽しみにしている方も多いと思います。まるで映画のような宣伝文句をついつい言ってしまうこのタイトル。実に[b]3000万ドル[/b](US)の費用をつぎ込んでいるそう。


日本円にするとなんと36億円!これはハリウッドの映画と比較するとそれほどでもない(キアヌ・リーブス主演『スピード』と同じくらい)そうですが、邦画ではそうそう出ない金額(参考:邦画大作 『男たちの大和/YAMATO』総製作費25億)。広告費やらなんやら合わせた総コストはいったいいくらなんでしょうか。

話をゲームに戻してみても、いわゆる次世代機においてこれほどに開発費をかけたものは今までになく、「[b]最も開発にお金をかけたゲーム[/b]」だとか。映画とゲームでは換算の仕方も違うでしょうから単純に比較はできないんですが、やはりお金がかかってるものはスゴイものであってほしい、という期待感はあります!Midwayは無事開発費を回収できるでしょうか?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=80755]Eurogamer[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』デモ配信日と製品版発売日が決定!
『Gears of War』開発費は$1,000万ドル(12億円)以下と結構安上がり!?
開発費が足りない?『Spore』公式サイトに外部広告が鎮座

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!

Stranglehold (C) 2007 Midway Amusement Games,LLC.All rights reserved.




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』日本語対応作業が開始!

    ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』日本語対応作業が開始!

  2. 『バトルフィールドV』発表トレイラーはここを見よ!公式が10個の注目点を紹介

    『バトルフィールドV』発表トレイラーはここを見よ!公式が10個の注目点を紹介

  3. 海洋サンドボックスサバイバル『Raft』Steam早期アクセス開始―自作いかだが僕の家、風に揺られて何処へ行く

    海洋サンドボックスサバイバル『Raft』Steam早期アクセス開始―自作いかだが僕の家、風に揺られて何処へ行く

  4. F2P非対称Co-op/対戦シューター『Raiders of the Broken Planet』キャンペーンDLCがSteamにて期間限定無料配信!

  5. PC向け協力アクションRPG『Dauntless』オープンベータが5月24日に開始―協力してモンスターに挑め!

  6. 『Stardew Valley』Co-opマルチの最大プレイヤー数を無制限化するModが公開ー超大型農場を作れちゃう!

  7. PC版『ザ クルー2』必要スペックや対応コントローラーなどの動作環境が公開ービデオ設定の詳細も

  8. 日本の不良高校生を描くロシア産ACT『The friends of Ringo Ishikawa』がSteam配信!

  9. 忙殺子育てシム『Mother Simulator』正式リリースーう〇ちまみれの部屋で子育ての苦労を知る

  10. 『L4D』風味なSF協力シューター『Earthfall』7月中旬に正式リリース、Steam早期アクセス版は価格変更に

アクセスランキングをもっと見る

page top