『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費)

MidWayが送り出す次世代機向け新IP、[b]Stranglehold[/b]は、ジョン・ウー、チョウ・ユンファというビッグネームが登場する映画ファンも期待のタイトルです。この、夏の終わりに楽しめるアクションゲーム、実はものすごい開発費がかかっています。

PC Windows


MidWayが送り出す次世代機向け新IP、Strangleholdは、ジョン・ウー、チョウ・ユンファというビッグネームが名を連ねる映画ファンも期待のタイトルです。Xbox 360版、PC版は8月27日、PLAYSTATION 3版は9月17日発売とかなりリリースが近づいてきており、楽しみにしている方も多いと思います。まるで映画のような宣伝文句をついつい言ってしまうこのタイトル。実に[b]3000万ドル[/b](US)の費用をつぎ込んでいるそう。


日本円にするとなんと36億円!これはハリウッドの映画と比較するとそれほどでもない(キアヌ・リーブス主演『スピード』と同じくらい)そうですが、邦画ではそうそう出ない金額(参考:邦画大作 『男たちの大和/YAMATO』総製作費25億)。広告費やらなんやら合わせた総コストはいったいいくらなんでしょうか。

話をゲームに戻してみても、いわゆる次世代機においてこれほどに開発費をかけたものは今までになく、「[b]最も開発にお金をかけたゲーム[/b]」だとか。映画とゲームでは換算の仕方も違うでしょうから単純に比較はできないんですが、やはりお金がかかってるものはスゴイものであってほしい、という期待感はあります!Midwayは無事開発費を回収できるでしょうか?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=80755]Eurogamer[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』デモ配信日と製品版発売日が決定!
『Gears of War』開発費は$1,000万ドル(12億円)以下と結構安上がり!?
開発費が足りない?『Spore』公式サイトに外部広告が鎮座

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!

Stranglehold (C) 2007 Midway Amusement Games,LLC.All rights reserved.




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 海底遺跡メトロイドヴァニア『OUTBUDDIES』Steam/GOG.comで配信ー海底に眠る古の神々と対峙せよ

    海底遺跡メトロイドヴァニア『OUTBUDDIES』Steam/GOG.comで配信ー海底に眠る古の神々と対峙せよ

  2. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』タイトルアップデート1.0.2配信―改善やバランス調整、不具合修正など

    『ゴーストリコン ブレイクポイント』タイトルアップデート1.0.2配信―改善やバランス調整、不具合修正など

  3. 『リーグ・オブ・レジェンド』日本語版の全吹き替え声優が初公開!【LoL10周年感謝祭】

    『リーグ・オブ・レジェンド』日本語版の全吹き替え声優が初公開!【LoL10周年感謝祭】

  4. ハイテンポな戦闘が魅力のドット絵アクションRPG『Unsouled』Steamストアページが公開

  5. アクションRPG『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発売が2020年内に延期―品質を重視するため

  6. オープンワールド見下ろし型RPG『DISCO ELYSIUM』配信開始―絵画のようなビジュアルが目を惹く刑事モノ

  7. 車で撃ち合うアリーナシューター『ShockRods』Steam配信開始!『カーマゲドン』開発元の新作

  8. 『ボーダーランズ3』シリーズ10周年イベント第3週目「エリジウムをこの手に」10月16日開始!

  9. チェルノブイリホラー『Chernobylite』Steam、GOGにて早期アクセス開始!不安定な世界の謎を解き明かせ

  10. PC/モバイル向け『LoL』カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』発表【LoL10周年感謝祭】

アクセスランキングをもっと見る

page top