『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費)

PC Windows



MidWayが送り出す次世代機向け新IP、Strangleholdは、ジョン・ウー、チョウ・ユンファというビッグネームが名を連ねる映画ファンも期待のタイトルです。Xbox 360版、PC版は8月27日、PLAYSTATION 3版は9月17日発売とかなりリリースが近づいてきており、楽しみにしている方も多いと思います。まるで映画のような宣伝文句をついつい言ってしまうこのタイトル。実に[b]3000万ドル[/b](US)の費用をつぎ込んでいるそう。


日本円にするとなんと36億円!これはハリウッドの映画と比較するとそれほどでもない(キアヌ・リーブス主演『スピード』と同じくらい)そうですが、邦画ではそうそう出ない金額(参考:邦画大作 『男たちの大和/YAMATO』総製作費25億)。広告費やらなんやら合わせた総コストはいったいいくらなんでしょうか。

話をゲームに戻してみても、いわゆる次世代機においてこれほどに開発費をかけたものは今までになく、「[b]最も開発にお金をかけたゲーム[/b]」だとか。映画とゲームでは換算の仕方も違うでしょうから単純に比較はできないんですが、やはりお金がかかってるものはスゴイものであってほしい、という期待感はあります!Midwayは無事開発費を回収できるでしょうか?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=80755]Eurogamer[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』デモ配信日と製品版発売日が決定!
『Gears of War』開発費は$1,000万ドル(12億円)以下と結構安上がり!?
開発費が足りない?『Spore』公式サイトに外部広告が鎮座

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!

Stranglehold (C) 2007 Midway Amusement Games,LLC.All rights reserved.




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ハイエンドゲームPCの存在感ヤベェ!日本HPブースフォトレポ

    【TGS2017】ハイエンドゲームPCの存在感ヤベェ!日本HPブースフォトレポ

  2. Humbe Storeで人気インディーホラー『Outlast Deluxe Edition』Steam&DRMフリー版が期間限定無料配布開始!

    Humbe Storeで人気インディーホラー『Outlast Deluxe Edition』Steam&DRMフリー版が期間限定無料配布開始!

  3. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

    「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  4. 『サイコブレイク2』ボス戦含む「チャプター5」海外ゲームプレイ映像!

  5. 『オーバーウォッチ』の週末無料プレイがスタート!PC版とPS4版で同時開催!

  6. ドスパラで『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』推奨デスクトップPCが販売開始

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. DMM版『PUBG』プレリリース版が配信開始!―未購入者も今から参加可能!

  9. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  10. 『PUBG』がNVIDIA「ShadowPlay Highlights」対応!ドン勝を自動キャプチャ

アクセスランキングをもっと見る

page top