『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Stranglehold』は次世代機史上トップクラス!(開発費)

PC Windows



MidWayが送り出す次世代機向け新IP、Strangleholdは、ジョン・ウー、チョウ・ユンファというビッグネームが名を連ねる映画ファンも期待のタイトルです。Xbox 360版、PC版は8月27日、PLAYSTATION 3版は9月17日発売とかなりリリースが近づいてきており、楽しみにしている方も多いと思います。まるで映画のような宣伝文句をついつい言ってしまうこのタイトル。実に[b]3000万ドル[/b](US)の費用をつぎ込んでいるそう。


日本円にするとなんと36億円!これはハリウッドの映画と比較するとそれほどでもない(キアヌ・リーブス主演『スピード』と同じくらい)そうですが、邦画ではそうそう出ない金額(参考:邦画大作 『男たちの大和/YAMATO』総製作費25億)。広告費やらなんやら合わせた総コストはいったいいくらなんでしょうか。

話をゲームに戻してみても、いわゆる次世代機においてこれほどに開発費をかけたものは今までになく、「[b]最も開発にお金をかけたゲーム[/b]」だとか。映画とゲームでは換算の仕方も違うでしょうから単純に比較はできないんですが、やはりお金がかかってるものはスゴイものであってほしい、という期待感はあります!Midwayは無事開発費を回収できるでしょうか?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=80755]Eurogamer[/url])[/size]

【関連記事】
『Stranglehold』デモ配信日と製品版発売日が決定!
『Gears of War』開発費は$1,000万ドル(12億円)以下と結構安上がり!?
開発費が足りない?『Spore』公式サイトに外部広告が鎮座

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!

Stranglehold (C) 2007 Midway Amusement Games,LLC.All rights reserved.




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 俺は鍛冶屋の息子…『Kingdom Come: Deliverance』プレイレポ―リアルでハードコアな中世を楽しむ

    俺は鍛冶屋の息子…『Kingdom Come: Deliverance』プレイレポ―リアルでハードコアな中世を楽しむ

  2. 『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』Steam版配信開始!

    『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』Steam版配信開始!

  3. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

    2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  4. 『PUBG』PING制限マッチングが実装―ついにチーター隔離なるか

  5. VRでイケメンと結婚式体験……『挙式VR』3作品がSteamにて配信決定!

  6. PC版『メタルギア サヴァイブ』もSteamで配信開始!シングル/Co-opで生き残れ

  7. 夢と現実の境界線がぼやけるダークサイコスリラー『PAST CURE』が配信開始!

  8. PvPモンスターハントFPS『Hunt: Showdown』Steam早期アクセス開始!Crytek新作

  9. 4種のミニゲームを同時に遊ぶハードコアカジュアルゲー『Super Multitasking』Steamで配信開始

  10. テックノワールな戦術ゲーム『All Walls Must Fall』正式リリース! 冷戦続く2089年のベルリンが舞台

アクセスランキングをもっと見る

page top