Physxカードの将来は?物理演算FPS『Warmonger』ハンズオン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Physxカードの将来は?物理演算FPS『Warmonger』ハンズオン

PC Windows



AGEIA Physxを前面に押し出したタイトルは今年春にリリースされたCellfactor: Revolutionがありましたが、この[b]Warmonger[/b]も同じく技術デモ的なタイトルで無料で提供されます。何でも壊せるという物理演算バリバリのゲームシステムが特徴です。



例えば建物の壁を壊して中に入る、階段を破壊して侵入を防ぐなどといった遊び方や、攻撃を回避するために利用していた壁が崩されるなんてことも起きます。しかし記事ではこういったことを32人対戦・64人対戦で実現出来るとしても、それでPhysxカードを買う価値はあるのだろうかと疑問を呈しています。

NetDevil(開発元)はダイナミックな環境破壊がFPSの標準になることを確信しているようだ。壁をぶち抜くというのは確かに明確な特徴ではあるが、それは本当に必要なことなのだろうか?わずかな時間しか見ることができなかったので今結論を出すことは出来ない


ビルやトンネル……つまり多くのゲームで地形扱いであるものを破壊して移動できるというのは、ただオブジェクトが壊れるのとは全く別の話ですからね。Warmongerのように前提として取り入れてるものは良いですが、それが他のゲームにとって役立つものかは分かりません。



ゲームで使える武器は5種類あり、それぞれ破壊の効果が違うとのこと。RPGならほぼ全てを破壊出来ますが、ピストルでは木で出来たものくらいしか破壊出来ません。グレネードランチャーでも壁は壊せます。オンライン、オフラインともに全3モード(Team Deathmatch、Attack & Defend、Capture & Hold)、全6マップで遊べますが、全マップで何でも破壊できるようになっているというわけではないようです。

リリース日は未定です。急がないと補助的なGPUをグラフィックカードに載せて物理演算を担当させるなんてことになりPhysxカードはフェードアウトしてしまうのでは……。

[size=x-small](ソース: [url=http://pc.ign.com/articles/813/813177p1.html]IGN[/url])[/size]

【関連記事】
AGEIA PhysX対応FPS、『CellFactor: Revolution』がリリース!
時代のトレンドは物理演算?『Warmonger』スクリーンショット集
破壊しまくりFPS?!『Warmonger, Operation: Downtown Destruction』が発表

Warmongerの関連記事をGame*Sparkで検索!




《Micchan》

PC アクセスランキング

  1. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

    Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  2. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

    クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  3. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

    惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  4. 『Neverwinter Nights: Enhanced Edition』発表!―高解像度対応・後方互換性も

  5. 猫島の秘密を探るデートシム!?『Purrfect Date』配信日決定―耳に残るトレイラーも必見

  6. SCP財団テイストな狂気のSF経営シム『Lobotomy Corporation』日本語版が配信スタート

  7. 料理の鉄人風ADV『BATTLE CHEF BRIGADE』海外配信日決定!―食材はモンスター

  8. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  9. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  10. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

アクセスランキングをもっと見る

page top