時間とお金の無駄?『S.T.A.L.K.E.R.』の開発者がDirectX10を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

時間とお金の無駄?『S.T.A.L.K.E.R.』の開発者がDirectX10を語る

PC Windows



S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobylを制作したGSC Game WorldのグラフィックプログラマーであるIgor Lobanchikov氏は、CVGのインタビューにて現時点でDirectX10に労力を割くのは基本的に時間の浪費だと話しています。

DX10はDX9に比べて豊かで柔軟性のあるものだという事は確かです。ただ実現できるグラフィックの品質が高いとはいえ、短期間でゲームに取り入れられる革新的な要素はわずかなもので、労力を割く意味がほとんどないのです。結局は制作が遅れ、コストも増えていきます。


マイクロソフトがWindows VistaでのみDX10を利用できるようにしたことに対して、元から少ない潜在的なPCゲーマーをさらに少なくすることになったと不満を示しています。コンソールゲーム機のために業界がDX10への対応に乗り気じゃなくなっているとは考えておらず、あくまで制作期間とコストの問題のようです。

記事にも書かれていますが、気になるのは続編であるS.T.A.L.K.E.R.: Clear SkyのDX10対応についてでしょう。DX10に対応するという話はありましたが、実際のところは未定のようです。ファンとしては、時間がかかるとかコストがかかるとか今更何をという感じがしないでもないですが、さて……。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=171326&skip=yes]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
『S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky』初出ムービー2本とゲーム内容
ついに6年越しの完成へ…『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』新着画像
『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』最新トレイラーとQ&A

「DirectX10をVistaだけに搭載するのは間違っている」ValveのGabe Newell氏
『Stranglehold』PC版は最小スペックで2ギガバイトのRAMが必要!
デュアルコアは20%!Vistaは5%?Steamによる最新PCゲーマー環境調査が発表

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobylの関連記事をGame*Sparkで検索!




《Micchan》

PC アクセスランキング

  1. 『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

    『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

  2. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  3. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  4. インディーアドベンチャー続編『Finding Paradise』発売日決定!―コメディー仕立てのトレーラーも

  5. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  6. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  10. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

アクセスランキングをもっと見る

page top