大画面でタッチ!ノートPCサイズのビッグなDS本体『Jumbotron DS』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

大画面でタッチ!ノートPCサイズのビッグなDS本体『Jumbotron DS』

携帯ゲーム DS



[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=3662]大きなものは小さく[/url]できるなら、お次は
小さなものは大きく!―不可能を可能にするガレージゲーマー達の情熱を持ってすれば、携帯機だってその例外ではないみたい。今度の力作は、タブレットPCの画面を無理矢理活用した、夢のジャンボDSが登場。ノートPCサイズの2画面を使ってタッチペンで広々プレイ、いつもはブロックがちょっと小さいメテオスなんかも、大画面だとまるで別のゲームみたいです。





今回生贄にされてるのは、14インチのXGAサイズ、本来コンバーチブル(キーボード一体)型タブレットPCだったはずの上半分。タブレットPC上のWindowsで動かしているのかと思いきや、本格的にDSの本体から画面や入力信号を引き伸ばして実現した、色々ハードな電子工作の賜物です。


これがちょっと簡単には真似できそうもない、今回の心臓部。ちなみに、完成までにかかった費用は、ジャンクのディプレイ部分が$100で2枚、こちらの自作ボードが$250ほどだったんだとか。完成させるまでの情熱はもちろん、プライスレス。



もしフタが閉じられたら、これはこれで斬新な2画面キーボードレスなタブレットPCにも良さそうです。

本来はWindows PCがまるごと入っていてペン操作が可能なタブレットPCですが、依然としてそのままでは専用アプリケーションが少ないのが玉に瑕。ペンがマウス代わりに動くので今でもやってやれないことはないのですが、いつかはPCでも大画面と高解像度を生かした[url=http://www.gamespark.jp/modules/ggnpc0/article.php?storyid=866]こんな感じ[/url]の、オリジナルゲームが登場して欲しいなぁ……。
[size=x-small](ソース: [url=http://home.comcast.net/~olimar/DS/jumbotron/]Jumbotron DS [/url])[/size]

 
【関連記事】
優れたカスタム任天堂ゲーム機 Top 5!
勝手にデザイン、その名も『Nintendo TS』
こんなのが欲しかった?スリムでスマートな初代『Xbox Mini』ケースMOD
リアルでバーチャルな、21世紀型ピンボール台


悶絶…103インチのプラズマTVでゲームプレイ動画
意味はあるのか、ゲームボーイアドバンスSPでWiiをプレイ
タッチスクリーンで『StarCraft』をプレイ!


DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画
タッチペンで命が宿る…お絵かきアクション『Drawn to Life』ゲームプレイ動画
本格ターンベースWWIIストラテジー『Panzer Tactics DS』トレイラー


 



 
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  2. 『ドラクエXI』Directが6月21日20時より配信、3DS版の特徴を中心に情報が公開

    『ドラクエXI』Directが6月21日20時より配信、3DS版の特徴を中心に情報が公開

  3. 海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

    海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

  4. 北米在住の人が羨ましい 『God of War: Chains of Olympus』のDEMO版が出荷開始

  5. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  6. DLCも全て収録される『魔界戦記ディスガイア4 Return』 ─ 第6段階目となる「ペタ魔法」も追加

  7. 本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画

  8. 『DJMAX』の精神的後継作『SUPERBEAT XONiC』PS Vitaで12月発売、指と共鳴する新感覚とは

  9. 岩田社長: ニンテンドー3DSの3D機能は簡単に無効化できる

  10. 日本語版も決定!『SteamWorld Heist』3DS版が海外12月配信へ

アクセスランキングをもっと見る

page top