2009年には現在の1.5倍の規模に!ゲーム産業の展望 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2009年には現在の1.5倍の規模に!ゲーム産業の展望

家庭用ゲーム PlayStation 2



テレビゲームを含む、インタラクティブなコンテンツに関するマーケティング及びコンサルティングを行っている[url=http://www.dfcint.com/index.php]DFC[/url]は、(インタラクティブなエンターテインメント全般を含む)広義のゲーム産業は2009年までに[b]470億ドル[/b]の規模にまで拡大するという市場予測を発表しました。これは、2006年時の330億ドルから実に1,5倍の数字です。予測では、プラットフォームを問わず主要なカテゴリが全て成長すると予測。


PCゲームはオンラインサービスの拡大による月額料金、広告料、ダウンロード販売、といった比較的新しい収入源が多くを占めてくるとのこと。また、Nintendo DSなどの携帯ゲーム機の市場拡大は今後も継続されるという見方である一方で、据え置き機の動向については不確定要素が多いとか。

PLAYSTATION 3、Xbox 360、Wiiの3つのコンソールに関して3つのシナリオを想定。その結果、2012年までに累計1億8000万台〜2億1000万台の据え置き機が売れるという予測に。個別に見ていくと、PS3は2009年頃から急速に市場でシェアを拡大、2012年には最も多くの"ソフトウェア"収益を得るに至り、Wiiはこれからも売れ続け、ハードウェアの販売数ではトップに。Xbox 360は、北米地域以外でベースとなる市場を獲得する必要があり、そうでなければ据え置き機市場において、3位に落ちてしまうだろうとDFCのアナリストはコメントしています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=46054&mode=thread&order=0]Worthplaying: Video Game Industry Worth $47 billion By 2009[/url])(イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/fredd/307597842/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
PAX 07: アメリカの有識者たちが日本のゲーム産業について語る
先月も任天堂が絶好調!北米本体セールスと上半期の人気ソフトランキング
世界規模の登録ユーザー数で見る、海外人気MMOゲームTOP10
ニンテンドーDS、驚異の89%!アナリスト予測




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』クロスプレイ対応アップデートが配信!―スイッチ版は今冬対応

    『マインクラフト』クロスプレイ対応アップデートが配信!―スイッチ版は今冬対応

  2. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

    ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  3. 「Xbox One X」の国内発売日が決定!―「Project Scorpio エディション」も

    「Xbox One X」の国内発売日が決定!―「Project Scorpio エディション」も

  4. 『オーバーウォッチ』新アップデート配信開始!―新マップ追加、マーシー・D.Vaに大幅変更

  5. タイ産高速ロボACT『プロジェクト・ニンバス』Steam版が正式発売へ、PS4リマスター版も発表

  6. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』が2018年発売―オンライン対応&日本未発売作収録!

  7. 『FFXV』「オンライン拡張パック:戦友」が10月31日より配信開始、TGS2017への出展も決定

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』“PvP”オープンβ事前ダウンロード開始!―紹介トレイラーも公開

  9. 『GTAオンライン』最新アップデート!―新たな敵対モード「飛べ!ボンブーシュカ」実装など

  10. スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

アクセスランキングをもっと見る

page top