海外レビューハイスコア 『Beautiful Katamari』(ビューティフル塊魂) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Beautiful Katamari』(ビューティフル塊魂)

家庭用ゲーム Xbox360



GameDaily: 8.0/10
マルチプレイオプションは拡張され、オンラインCo-opモードは特に注目すべきもの。


GameSpy: 8.0/10
多くの人が、数年前にKatamari Damacyに夢中になった理由が分かるだろう。これはヤミツキになり、全てが魅力的であると感じる。


IGN: 7.8/10
オンラインのマルチプレイにより、ゲーム寿命を長くする適切な配慮がなされている。しかし、繰り返されたKatamariの最大の誤ちは、プレイ時間が短いということだ。ただ、そうしたわずかな問題があってもなお、ゲームが楽しめるものであると微笑みながら保証できる内容ではある。


GamePro: 7.5/10
ゲームは少々短めだ。とはいえ、見事に作られた環境はいいものがいっぱいでポジティブな雰囲気にあふれており、もう一度プレイすることを拒むのは難しいだろう。


1UP: 7.0/10
Beautiful Katamariのグラフィックが、PS2のオリジナルから大きく変わっているわけではない以上、このゲームの題名は皮肉の感が否めません。



* * *


プラットフォームをXbox 360に移し、大幅な機能追加とコンテンツによる内容強化が出来るようになった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=121-10127&kword==?ISO-2022-JP?B?GyRCMnQ6MhsoQg==?=]Beautiful Katamari[/url]([url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=120-10088&kword==?ISO-2022-JP?B?GyRCMnQ6MhsoQg==?=]ビューティフル塊魂[/url])。従来のシングルプレイによる塊作りはもちろん、オンラインマルチプレイにも対応し、対戦や協力して塊を作ることが可能になりました。グラフィックはPS2版より若干賑やかになったくらいかも知れませんが、ハードの特性を活かした高速演算により塊に巻き込むモノが多くなり、処理落ちはほとんど無くなっています。その気になれば、地球ほどもある塊を作ることも可能で、この点でのヤミツキ度数は高くなった、と言えます。

問題点となっているのは、ゲームのリプレイ性。一回当たりのゲーム時間が短く、もっと塊を大きくしてみたいのに「課題」をクリアしなければ出来ない、というシステムが難しいところとなっています。但し、これは何度もチャレンジすればコツが掴めますので、クリアすれば出てくるモード(ツマミグイとエンドレス)でフォローされます。それほど深刻な問題では無いようにも思えますが、気になる方はチェックしてみて下さい。

海外評価はほぼ無難な評価点が目立ちます。極端に悪いものはなく、むしろゲーム内容のハマリ度の高さや、マルチプレイが出来るという点は高評価であるとしています。日本国内のプレイヤーによれば、「ゲーム本体は安価だが、追加コンテンツが全部有料なのはアンフェアである」という意見が多方面から見受けられました。NBGIの商品戦略として成立してしまったものなのか、あるいは次回作以降見直しが図られるのか、注目されるのは間違いないところではないでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/xbox360/beautifulkatamari]Metacritic[/url])[/size]

【関連記事】
『Beautiful Katamari(ビューティフル塊魂)』ゲームプレイムービー
GC 07: 『ビューティフル塊魂』ゲームプレイムービー
本日の一枚『Na Naaa Na Na Na…… 塊魂の道路標識』
本日のもう一枚 『iPod風の塊魂 iRoll.』

『ビューティフル塊魂』もっとでっかく塊作るよ!プレイムービー
E3 07: 『Beautiful Katamari』ムービーとスクリーンショット
『ビューティフル塊魂』はXbox 360独占!じゃなくWiiでも出るという噂
『Beautiful Katamari』は360独占?を強固にする情報

Beautiful Katamari(ビューティフル塊魂)の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)NBGI All Rights Reserved.




《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

    『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

  2. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

    『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  3. 父と子の絆が再確認できる『ゴッド・オブ・ウォー』

    父と子の絆が再確認できる『ゴッド・オブ・ウォー』"父の日"トレイラーが公開

  4. 【吉田輝和の絵日記】PS4版『Fallout Shelter』で地下シェルターを運営!トゲ付き肩パッドはいらなかった…

  5. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  6. PS VR専用の戦略FPS『Firewall Zero Hour』開発者インタビュー…「コミュニケーションで花開く」オンライン対戦とは?【E3 2018】

  7. 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】

  8. 『Starlink: Battle for Atlas』ディレクターインタビュー―スイッチ版独占『スターフォックス』アーウィンの詳細も合わせてお届け【E3 2018】

  9. 懲罰部隊スペア隊が出撃する『エースコンバット7』E3 2018最新トレイラー!Su-57も登場

  10. 『Dying Light』無料の新モード「Prison Heist」が登場!緊張感に満ちた紹介映像も公開

アクセスランキングをもっと見る

page top