海外レビューハイスコア 『Pro Evolution Soccer 2008』 (ウイニングイレブン2008) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Pro Evolution Soccer 2008』 (ウイニングイレブン2008)

10月26日にヨーロッパで発売されたPro Evolution Soccer 2008。UKのサイトを中心にレビューが出揃ってきたのでご紹介したいと思います。発売前よりコンソールごとの差が話題になっていましたので、今回はメインとなるXbox 360、PS3、PS2を別々に取り上げました。

家庭用ゲーム PlayStation 2


■Xbox 360
Pro-G: 9.0/10
PES 2008のゲームプレイは昨年の努力により大きな進歩を遂げている。ゲームのコアな部分は心踊る素晴らしいもの。だからこそPESファンはさびしいグラフィック、ひどい音楽、厄介なプレゼンテーション、ライセンスチームの欠如を許すことができる。


Total Video Games: 9.0/10
全般的に見て、PES 2008はかなりの深さとリアリズムをゲーム体験に加えている。平均的なPESゲーマーには非常にアピールできるように見えるので、我々はこのゲームが完全な成功であると、自信を持って主張することが出来る。


Official Xbox Magazine UK: 8.0
/10
他のどのPro Evo以上に、まだビューティフルなゲームプレイをしようという(古いやり方が結局チリになるまで繰り返しプレイする)予想できるあなたの試みに対し、あなたの顔に唾を吐き、笑う。


GameSpot: 7.0/10
Konamiの7番目のPro Evolution Soccerはプレイアビリティに関する小さな改善があるが、他にアップグレードする価値があるようなものがほとんどない。敵AIはプレイングスタイルを豊かにし、幾人かの選手はリアリスティックに見えるが、未だオンラインにはラグがある。ゲーム全体の見た目もさびしい。


* * *


■PLAYSTATION 3
Playstation Official Magazine UK: 9.0/10
来年の今頃も、あなたはこれをひたすらにプレイしていると保証する。そのようなゲームはPS3において他に無い。


EuroGamer: 8.0/10
試合の改善、白熱するアクション、そして地味だが確実な追加要素は“もうひとつの8”をスクラップにすることを意味するだろう。もちろんそれは点が高い方に簡単に手を出してよい、という意味ではないが。スピーディで流れるようなゲームプレイ、これはいわばPES 6の改造版だ。


Pro-G: 7.0/10
PS3のPES2008は“次世代”のコンソールの為のものだ。しかしこれは“次世代”のゲームではない。いかなる理由であっても、これがKonamiの乏しい努力の結果である、という事実を無視できないだろう。


GameSpot: 6.0/10
KonamiのPS3のための初めてのPro Evolution Soccerは十分にプレイできるもの。プレイを可能にするいくつかのリファインがある。敵AIはプレイングスタイルを豊かにし、幾人かの選手はリアリスティックに見える。しかしラグがあり"unplayable"なオンライン、ハイデフで動かすときに目につくスローダウンに苦しんでいる。プレゼンテーションは視覚的にも聴覚的にも乏しく、平均以下ともいえる。これはやや未完成ではないか。


* * *


■PlayStation 2
GameSpot: 7.5
/10
PlayStation 2バージョンは最も十分に作りこまれたバージョンだ。敵AIはプレイングスタイルを豊かにしている。選手はより本物に似ており、アニメーションも改善された。しかし、未だラグがある"broken"なオンラインモードで苦しんでいるし、大部分のチームは公式データが欠如している。ゲーム全体の見た目もさびしい。


* * *



10月26日にヨーロッパで発売されたPro Evolution Soccer 2008。UKのサイトを中心にレビューが出揃ってきたのでご紹介したいと思います。発売前よりコンソールごとの差が話題になっていましたので、今回はメインとなるXbox 360、PS3、PS2を別々に取り上げました。『ウイニングイレブン2008』のタイトルでリリースされる日本でも、パッケージが明らかになり、Xbox 360で国内向けの体験版が配信されるなど、11月22日に向けて準備が整ってきました。「ウイイレ」と見るか「サッカーゲーム」と見るかで少し評価の変わってくる最新作。日本の熱狂的ファンのハートをつかめるでしょうか。

また、ヨーロッパでは11月30日に、同タイトルのPSP版とNintendo DS版が発売予定です。

[size=x-small](ソース: Metacritic: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/xbox360/proevolutionsoccer2008]Xbox 360[/url], [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps3/proevolutionsoccer2008]PLAYSTATION 3[/url], [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps2/proevolutionsoccer2008]PlayStation 2[/url])[/size]


【関連記事】
ウイイレ海外版 『Pro Evolution Soccer 2008』 UKチャートでトップに
GC 07: より動きがシャープに!『Pro Evolution Soccer 2008』プレイ動画
C・ロナウドをフィーチャーした『ウイニングイレブン2008』動画
TGS 07: 『ウイニングイレブン2008』体験インプレッション

ロニーを独り占め!『FIFA Soccer 08』"Be A Pro"モード動画
操作、オンライン、パッケージとも充実の『FIFA 08』プレビュー
2010年W杯、EAの『FIFA』シリーズは11人対11人の試合を目指す

Pro Evolution Soccer 2008の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2007 KONAMI DIGITAL ENTERTAINMENT ALLRIGHT RESERVED.


 


《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Biowareが新作アクションRPG『Anthem』アルファ段階終了を報告、チーム内では『Baldur's Gate』開発時のような熱気も

    Biowareが新作アクションRPG『Anthem』アルファ段階終了を報告、チーム内では『Baldur's Gate』開発時のような熱気も

  2. 『エースコンバット7』スペシャルステージレポ―脚本の片渕監督ら豪華ゲストが登壇【TGS2018】

    『エースコンバット7』スペシャルステージレポ―脚本の片渕監督ら豪華ゲストが登壇【TGS2018】

  3. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  7. 『Dead by Daylight』今後の日本展開や新DLCについて訊いたディレクターインタビュー!【TGS2018】

  8. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  9. 襲いくる世界と主人公の一日を収めた新映像も…!『Days Gone』メディアセッション【TGS2018】

  10. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

アクセスランキングをもっと見る

page top