『Mass Effect』先日のシンガポール発禁は免れる 種族の設定に納得? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mass Effect』先日のシンガポール発禁は免れる 種族の設定に納得?

数カ国で問題視されていた、[b]Mass Effect[/b]のサブイベントに於ける「レ○ビアン」シーン。この事により、唯一シンガポールでBAN(発禁)とされてしまったことは先日お伝えしましたが、相手となる異星人の種族の設定が理解されていなかったようで、発売は認可され

家庭用ゲーム Xbox360
数カ国で問題視されていた、Mass Effectのサブイベントに於ける「レ○ビアン」シーン。この事により、唯一シンガポールでBAN(発禁)とされてしまったことは先日お伝えしましたが、相手となる異星人の種族の設定が理解されていなかったようで、発売は認可されたようです。



まずは、問題となるサブイベント前のムービーから。

主人公が男であってもセクシーなシーンではあります……。


主人公の性別が女性の場合、ゲームシステムによりどうしても「レ○ビアン行為」とも受け取れるシーンに移行してしまいますが、この青い異星人は「女性の性別しか持たない種族」という設定がされているそうです。そういった理由もあり、今回このMass Effectに関しては発禁とはせず、M18指定と認定されてシンガポールで無事に発売されるそうです。

ですが、発売日に関しては1月という表記があります。これがシンガポールだけなのか、アジア版すべてなのかは分かっていません。気になるところですが、北米と同じように11月20日以降の発売だと良いですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6183016.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;8]GameSpot[/url] )[/size]

【関連記事】
『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより
『Mass Effect』ディスク使用量は6.74GB!問題のムービーも
『Mass Effect』クエストや戦闘のムービー4本立て

Mass Effectの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)BioWare, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.








《Taka》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ベヨネッタの過去を描く絵画タッチのアクションADV『Bayonetta Origins: Cereza and the Lost Demon』発表!スイッチ向けに海外3月17日発売【TGA2022】

    ベヨネッタの過去を描く絵画タッチのアクションADV『Bayonetta Origins: Cereza and the Lost Demon』発表!スイッチ向けに海外3月17日発売【TGA2022】

  2. 『STAR WARS ジェダイ:サバイバー』発売日が正式に発表!現地時間3月17日【TGA2022】

    『STAR WARS ジェダイ:サバイバー』発売日が正式に発表!現地時間3月17日【TGA2022】

  3. 『ポケモンSV』トレーナーを悩ませる「マスターボール暴発問題」―ボールの“並び順”が悲劇を生むことに

    『ポケモンSV』トレーナーを悩ませる「マスターボール暴発問題」―ボールの“並び順”が悲劇を生むことに

  4. 『ファイアーエムブレム エンゲージ』エキスパンションパスが発表!2023年にはさらに3種の追加コンテンツも【TGA2022】

  5. 『Horizon Forbidden West』DLC「Burning Shores」PS5向けに発表―2023年4月19日配信予定【TGA2022】

  6. 本体が起動しなくなる報告も―『サムライメイデン』PS5版でホーム画面移行時の不具合告知

  7. 撮った景色が現実と融合する一人称ADV『Viewfinder』PlayStation5&PC向けにリリース決定【TGA2022】

  8. 『スプラトゥーン3』ビッグランでは報酬にボーナスが!カタログポイントは1.2倍、カプセル獲得量も増加

  9. スイッチ版『ARK: Survival Evolved』マルチプレイ人数を最大64人から40人へ―海外版の仕様変更受け

  10. 『FORSPOKEN』ゲームプレイを日本時間12月10日午前3時配信!

アクセスランキングをもっと見る

page top