『Mass Effect』先日のシンガポール発禁は免れる 種族の設定に納得? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mass Effect』先日のシンガポール発禁は免れる 種族の設定に納得?

数カ国で問題視されていた、[b]Mass Effect[/b]のサブイベントに於ける「レ○ビアン」シーン。この事により、唯一シンガポールでBAN(発禁)とされてしまったことは先日お伝えしましたが、相手となる異星人の種族の設定が理解されていなかったようで、発売は認可され

家庭用ゲーム Xbox360
数カ国で問題視されていた、Mass Effectのサブイベントに於ける「レ○ビアン」シーン。この事により、唯一シンガポールでBAN(発禁)とされてしまったことは先日お伝えしましたが、相手となる異星人の種族の設定が理解されていなかったようで、発売は認可されたようです。



まずは、問題となるサブイベント前のムービーから。

主人公が男であってもセクシーなシーンではあります……。


主人公の性別が女性の場合、ゲームシステムによりどうしても「レ○ビアン行為」とも受け取れるシーンに移行してしまいますが、この青い異星人は「女性の性別しか持たない種族」という設定がされているそうです。そういった理由もあり、今回このMass Effectに関しては発禁とはせず、M18指定と認定されてシンガポールで無事に発売されるそうです。

ですが、発売日に関しては1月という表記があります。これがシンガポールだけなのか、アジア版すべてなのかは分かっていません。気になるところですが、北米と同じように11月20日以降の発売だと良いですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6183016.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;8]GameSpot[/url] )[/size]

【関連記事】
『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより
『Mass Effect』ディスク使用量は6.74GB!問題のムービーも
『Mass Effect』クエストや戦闘のムービー4本立て

Mass Effectの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)BioWare, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.








《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『DEATH STRANDING』日本特別編集映像“Connect”公開ー誰かの痕跡が、絆になる

    『DEATH STRANDING』日本特別編集映像“Connect”公開ー誰かの痕跡が、絆になる

  2. ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

    ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

  3. スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

    スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  5. 超能力とサービスウェポンに焦点を当てた『CONTROL』国内向け新情報!

  6. ゲームで楽しくフィットネス!任天堂の新たな健康サポートゲーム『リングフィットアドベンチャー』本日10月18日発売

  7. ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

  8. 『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定!

  9. ゲームフリーク最新作『リトルタウンヒーロー』発売!『UNDERTALE』Toby Fox氏がBGM提供する新感覚RPG

  10. 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top