Xbox Live アーケード: 『斑鳩』 インサイダーを通過 配信は1月15日? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Live アーケード: 『斑鳩』 インサイダーを通過 配信は1月15日?

家庭用ゲーム Xbox360



Xbox Live Arcadeの今年の期待作としてシューターから熱い視線が注がれているトレジャーの斑鳩(Ikaruga)。アナウンスから今だ配信時期が確定せず、ファンは待ち焦がれていますが、ある所から配信時期を含めた具体的な情報が飛び出してきました。

Shmups Forumなるサイトに投稿された情報によれば、斑鳩は既にXBLAのパートナーネット(※Xbox Liveのインサイダーバージョン)に登場。あくまで非公式ながら、[i]"I've seen it listed as 1/15/2008 release.. "[/i]という、1月15日に配信されるという情報も。リーダーボードやダウンロードによるリプレイ機能などを確認しています。また、[url=http://www.arcade-renaissance.com/2008/01/ikaruga-back-on-partner-net.html]Arcade Renaissance[/url]では、このパートナーネット版をダウンロードしてプレイしたらしく、もう少し具体的な情報も。サイズは49MB、16:9と16:10の2つのワイドスクリーン縦横比をサポートしているようです。([url=http://shmups.system11.org/viewtopic.php?t=12637&start=150]Shmups Forum[/url]ではXBLA版の斑鳩のスクリーンショットを確認することができます)

配信日は確定できないものの、もう間もなくプレイできることは間違いない、と思いきや、パートナーネット(partner.net)でダウンロードできる=配信間近とは限らないようで……。実際、Rez HDやトリガーハート エグゼリカといったタイトルもパートナーネットに既にあるよ、といった投稿もあります。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.arcade-renaissance.com/2008/01/ikaruga-back-on-partner-net.html]Arcade Renaissance[/url], [url=http://shmups.system11.org/viewtopic.php?t=12637&start=150]Shmups Forum[/url])[/size]

【関連記事】
Xbox Live アーケード: 12月から2008年1月に配信予定のタイトル 『Rez HD』も
Xbox Live アーケード: 『オメガファイブ(Omega Five)』1月9日配信予定
全然違ウ!海外カバーアート『ガーディアンヒーローズ』

『ガンスターヒーローズ』約41分でオールクリアムービー
『レイディアントシルバーガン3』がXbox360に登場?!


斑鳩の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Tresure
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「簡単にプラチナトロフィーが取れる」PS4ゲームが海外PS Storeから削除

    「簡単にプラチナトロフィーが取れる」PS4ゲームが海外PS Storeから削除

  2. 7月1日・2日にビックカメラでスイッチ本体の抽選販売が実施

    7月1日・2日にビックカメラでスイッチ本体の抽選販売が実施

  3. PS Plus、7月提供のおすすめコンテンツ―フリープレイ「アンコール配信」・『The Unfinished Swan』など!

    PS Plus、7月提供のおすすめコンテンツ―フリープレイ「アンコール配信」・『The Unfinished Swan』など!

  4. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』タイトルアップデート5海外配信開始!―新高難度モード“Tier1”など

  5. 「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー

  6. PS4『Days Gone』はプレイヤーの行動によって展開が変化―数々の詳細が明らかに

  7. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  8. 『モンスターハンター:ワールド』オンラインプレイに必要な課金は? 水中狩猟はあるの? 公開生放送のQ&Aを紹介

  9. 【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

  10. 90年代の青春が蘇る…「スーファミ風ニンテンドースイッチ」を海外ゲーマーが制作

アクセスランキングをもっと見る

page top