GDC 08: 火星へ移住できる?美麗グラフィックのMMVW『Blue Mars』スクリーンショット公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 08: 火星へ移住できる?美麗グラフィックのMMVW『Blue Mars』スクリーンショット公開

ニュース 最新ニュース

SF好きな読者の皆さん、サンフランシスコからなんとも素敵な話題が届きました。なんと近い将来、人類は火星に移住できることになるかもしれません!
……というのはもちろんゲームの話。サンフランシスコにて開催中のGDC2008においてMMVW(massively multiplayer virtual world )、Blue Marsの情報が公開されました。

MMVWとは耳慣れない単語ですが、要は昨年何かと話題を振りまいたSecond Lifeのような仮想世界のこと。Avatar Reality社が開発しているBlue Marsではそのタイトルが示すように、テラフォーミングされた西暦2177年の火星をプレイヤーは自由に行動することができます。

*****




そのほかのスクリーンショットはこちら

*****


最新ミドルウェアであるCryEngine2を用いたグラフィックは大変美しく、(このクオリティのMMOを快適に動かせるPCを持っている人がどれだけいるのかという問題はさておいて)非常に興味をそそられます。また、サードパーティーがBlue Mars内においてゲームやアバターを開発することができる開発環境が用意されるとのことで、本当だとすると小規模のデベロッパでも美麗グラフィックを持つゲームを比較的手軽に開発することができる……ようになるのかも知れません。

SFファンなら誰しも一度は憧れる「火星移住」というテーマを扱った本作は、β版の提供を2008年の末に予定しています。興味のあるSFファンの方は本作が要求するPCスペックまでもSF並にならないことを祈りつつ火星移住の日を待ちましょう。
(ソース:bluesnews , Kotaku

【関連記事】
PS3/Xbox 360にも対応した『CryENGINE 2』がGDCで公開予定
『Crysis』最新パッチバージョン1.1配信中 SLIやCrossfireをサポート
『Crysis』をWiiリモコンで操作しちゃうMOD『Wiisis』のデモンストレーション映像
新たな生物兵器かっ!?『Crysis』でチキンランチャー
ヴァーチャルワールドとはちょっと違う 「ヴァーティカルワールド」って何だ?
《ひよこ*Spark》

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  6. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  9. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  10. 新作WW2FPS『Battalion 1944』が発表―『MoH』『CoD2』の精神的後継作

アクセスランキングをもっと見る

page top