海外レビュー灰スコア 『Jenga: World Tour』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビュー灰スコア 『Jenga: World Tour』

“このゲームで一分を費やすよりもむしろ、YouTubeで(ジェンガに向かって「ハロー?」と呼びかける怪しい女性が登場する)80年代のジェンガCMを探す方がまだマシなくらいひどいです。“ ―GameDaily

家庭用ゲーム Wii


Worth Playing: 3.5/10
まさしくPoorなタイトル。広く知られたジェンガ・ライセンスのアドバンテージは全くなく、オリジナルのゲームをちゃんと扱っていない。たとえ最悪なシミュレーションに目をつぶるとしても、ビデオゲーム版で追加された要素にはなんの楽しみもない。


GameSpot: 2/10
恐ろしいAI、壊れた物理演算、ぶざまなゲームデザインは、Jenga World Tourを転覆させる陰謀だ。ブロックはタワーから出てくるのを拒否する。Wiiリモコンによる操作性は不正確で苛立つ。AIはシナリオの進行具合に依存しており、神がかった天才であるか、もしくは完璧にアホ。リアルジェンガにくらべ二倍以上のコストも問題。



GameDaily: 2/10
このゲームで一分を費やすよりもむしろ、YouTubeで(ジェンガに向かって「ハロー?」と呼びかける怪しい女性が登場する)80年代のジェンガCMを探す方がまだマシなくらいひどいです。もし友人(そしてこのジェンガを一緒に遊んでくれる友人を見つける幸運)が無いとき、あなたはおそるべきAIと向き合っていることに気が付くはず。タワーが決して動かないくらい高速でブロックを抜き取るスマートなAIか、次の一手に移るまでに数分かかるような愚鈍なAI。あなたにはJenga World Tourを避けるためのあらゆる理由があります。もしあなたが休日用に誰かにこれをプレゼントするなら、プレゼントされた方はあなたをフルーツケーキでぶちのめす権利を得ます。


Game Informer: 2/10
たとえこの奇妙で狂気に満ちた世界が、あなたにリアルよりもビデオゲームのジェンガを選ばせたとしても、最初の数ゲームから先には進めそうに無い。タワーからブロックを引き抜いて上に乗せるという行動が、いかなる理にかなった方向にも機能していないというのが要因だ。


IGN: 1.7/10
恐ろしいAI、スローダウンする物理演算、ブロックをつかまえるためのラバーバンドの操作性は愚鈍。10ドルのジェンガの箱を買うのを止めて、このゲームをリストアップすることはありえない。


* * * * *


洗練された物理演算、直観的な操作性、テンポのよいアクションを謳ってアナウンスされたJenga: World Tour。その全てを裏切って世に解き放たれました。ブロックがちゃんと倒れない物理演算、ブロックが上手く出てこない操作性、AIが長考するテンポの悪さが特徴となっており、本当なら楽しいはずのジェンガが苛立ちの対象になってしまっています。リアルジェンガには無い追加要素も楽しみよりは苦痛を増すものになってしまったようで、10ドル足らずで買える本物を止めてビデオゲーム版を買う理由は見当たらない様子。





ささやかな評価点として、キュートでキッチュ(?)なキャラクターがいます。昭和の児童向け雑誌の表紙のような男の子を筆頭に、いろんなキャラがいますね。中でも、保安官スタイルのスロットマシンは、IGNレビュアーも高く評価。出演するゲームを間違えたと嘆いています。それにしてもサメとプテラノドンは手抜きじゃないでしょうか。

勇敢なコアゲーマーへオススメタイトルをご紹介する「海外レビュー灰スコア」、次回をお楽しみに!
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/wii/jenga]Metacritic[/url])[/size]


【関連記事】
海外レビュー灰スコア 『Anubis II』
海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』

Atariが『Jenga!』を発表 WiiとDSで発売予定
ゲーマーへの挑戦状! 超難ゲー『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』
『Puzzle Quest: Galactrix』今度の舞台は遠い未来の宇宙
スティーブン・スピルバーグ監督とEAとのコラボ作品、『Boom Blox』の内容が明らかに
頭が大混乱! あの名作パズルゲーム『Tetris』が3次元に

(C)2007 Atari


 






《Kako》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』見た目のインパクトが凄い武器4選―掲げるだけで気持ち良い!意外と実用的な性能が隠れていることも

    『モンハンライズ』見た目のインパクトが凄い武器4選―掲げるだけで気持ち良い!意外と実用的な性能が隠れていることも

  2. 『モンハンライズ』Ver3.1.0配信開始!アップデートに必要な容量は約0.65GB―新たなイベントクエストやDLC追加、不具合修正が中心

    『モンハンライズ』Ver3.1.0配信開始!アップデートに必要な容量は約0.65GB―新たなイベントクエストやDLC追加、不具合修正が中心

  3. 最大100人のマルチプレイヤーサバイバル『Rust』国内PS4版が発売! 弱肉強食の世界で生き延びろ

    最大100人のマルチプレイヤーサバイバル『Rust』国内PS4版が発売! 弱肉強食の世界で生き延びろ

  4. 『モンハンライズ』イベクエで新防具「ブラックレザー」追加!スキルは“翔蟲使いLv2”、空きスロ3―見た目もスタイリッシュ

  5. 「脳」の力で仲間と戦うブレインパンク・ARPG『SCARLET NEXUS』発売―Steam版は6月25日に配信

  6. 海外『Ghost of Tsushima』のパッケージから「Only on PlayStation」が消えた―過去には『Days Gone』などPC版展開作品でも同様の動き

  7. 『ポケモンユナイト』難しい単語一切なしの超初心者ガイド! 対戦を楽しむために8つのポイントを覚えよう

  8. 「PS5」販売情報まとめ【6月23日】―ノジマとドン・キホーテが抽選受付中

  9. スイッチ『ポケモンユナイト』ネットワークテスト開始!シリーズ初の5対5チームアクション、開幕

  10. 『モンハン』のRPGだからこそ、深堀りできる世界があるーガルクや『クロス』4大メイン、導虫まで集結した『モンハンストーリーズ2』開発者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top