Wi-Fi対応の完全新作 『Gauntlet』 AtariのアーケードクラシックがDSで復活 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wi-Fi対応の完全新作 『Gauntlet』 AtariのアーケードクラシックがDSで復活

携帯ゲーム DS



ハンディな携帯ゲーム機とも相性がよく、現在の流行に通じるハック&スラッシュ協力スタイルを最初に確立した海外アーケードの古典[url=http://www.coinop.org/g.aspx/100064/Gauntlet.html]Gauntlet[/url]。今から23年前に登場した名作が今年、Wi-Fiオンラインプレイに対応した完全新作としてDSで復活することに。発売元のEidosがプレスリリースを出しています。

新作のタイトルもオリジナルそのままとなる新生ガントレット、先行して公開された[url=http://uk.ds.ign.com/articles/864/864730p1.html]IGN UK[/url]版のプレビューによると、グラフィックはご覧の通りDSの2画面ぶち抜き縦長の3D表示、友達同士のローカルプレイはもちろんのこと、Wi-Fiコネクション完全対応でインターネット越しのマルチプレイや、マイクロフォン(内蔵orオプション)を使ったボイスチャットなどかなりマルチプレイに力を入れているようで、なんと対戦モードまで新たに搭載。後はWi-Fi周りの仕様が快適だといいですね。


特徴
・ウォリアー、ヴァルキリー、ウィザード、エルフから選べるキャラクター
・4人までの、Wi-Fi協力モードと対戦プレイ
・Voice Over IPによるボイスチャット対応
・三つの地域に分かれた、40のマップ
・3種類のゲームモードを搭載したランクマッチ: Deathmatch, Team Deathmatch, Treasure Hoard


Eidosのブランドマネージャー、Ray Livingston氏は言います。


「新しいGauntletで、今のDSゲーマーに向けたビジュアルやゲームプレイを最新のものにすると同時に、
私達は80年代のアーケード古典が持っていたアクションや面白さの全てに新しい命を吹き込みました。」

「Wi-Fiに対応した4プレイヤー協力モードによって、ゲーム史上屈指のマルチプレイ体験は華々しく蘇ります。」

















今回ゲームの開発にあたっているのは、これまでもAtariクラシックの移植などをリリースしているFoundation 9傘下の一つBackbone Entertainment、プレスリリースでは今年後半とのことですが、順調に行けばこれから6月にも発売されるようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamingbits.com/content/view/3813/2/]GamingBits: "Eidos Brings 'Revitalized' Gauntlet To Nintendo DS "[/url])[/size]

 
【関連記事】
北米Storeにて発売、懐かし戦略対戦『Rampart』ゲームプレイティーザー
PS3『Gauntlet II』のトレーラー公開
海外レビューハイスコア 『Advance Wars: Days of Ruin』

ソニーを退社したフィル・ハリソン氏、Atariの親会社Infogramsの取締役に就任
通り魔事件で『ニンジャガイデン』を取り上げた日本のメディアが海外で激しく非難される
本日の一枚『オバマ氏応援グッズ、Nintendobama DS Lite!?』

- トップに戻る -



(C) Eidos, Inc. All rights reserved.




《Miu》
page top