Take-Two、アジア地域での業務拡大を発表 日本でのプレゼンスを高める方針 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two、アジア地域での業務拡大を発表 日本でのプレゼンスを高める方針

家庭用ゲーム PlayStation 2



4月14日、ニューヨークに本拠を置くパブリッシャー、Take-Two Interactiveがアジア太平洋地域(APAC)での業務を拡大することを発表しました。シンガポールにオフィスを設立、EAやVivendi Gamesで務め、APACでの実績を持つHubert Larenaudie氏が同地域の代表としてTake-Twoに加わります。アジア地域での製品販売の拡大、日本での強いプレゼンスの開発、(特に中国や韓国での)オンラインゲーム市場への参加を挙げています。

Take-Two Interactiveという会社名を聞きなれない人も多いかもしれませんが、内部にグランドセフトオートで知られるRockStar Games、バイオショックやオブリビオンで知られる2K Games、スポーツゲームブランドとして確立している2K Sportsを抱える巨大企業です。これまで日本版ローカライズをスパイクやカプコンなど外部に委託していたTake-Twoですが、今回、日本での存在感を高めていくと明言。エレクトロニック・アーツやユービーアイソフト、アクティビジョンのように“テイクツー・インタラクティブ”によるローカライズが行われる――そんな期待が持てる発表となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=26877]Maxconsole[/url]) [/size]

【関連記事】
Take-Twoが『Bioshock』のMMOを検討中? 映画化やモバイル用ゲームも
噂は真実に!『Bioshock 2』発売決定 リリース時期は2009年第3四半期
『GTA』をめぐる駆け引き― EAがTake-Twoに買収提案 Take-Twoは拒否
推測される4つの説、『Grand Theft Auto IV』発売延期の背景には何が?

(C) 2008 TAKE-TWO INTERACTIVE SOFTWARE, INC. - ALL RIGHTS RESERVED
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』意味深な予告サイトが出現、「ゾンビモード」を匂わす暗号機とは…

    『Call of Duty: WWII』意味深な予告サイトが出現、「ゾンビモード」を匂わす暗号機とは…

  2. 少女の脱出劇を描くサスペンスADV『リトルナイトメア』Steamで配信開始

    少女の脱出劇を描くサスペンスADV『リトルナイトメア』Steamで配信開始

  3. 『Call of Duty: WWII』発売日や武器の詳細は?現時点の情報まとめ

    『Call of Duty: WWII』発売日や武器の詳細は?現時点の情報まとめ

  4. 『バトルフィールド 1』春季アップデートが実施!―小隊機能の追加など

  5. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』最新ゲームプレイ映像公開!

  6. PS4版『War Thunder』配信開始―PS4 Proも対応予定

  7. 『フォーオナー』シーズン2日程が発表、新ヒーローやマップも配信へ【UPDATE】

  8. PSVRタイトル期間限定セールが開始!―『バイオハザード7』『Rez Infinite』等がラインナップ

  9. ダークサイドのプレイ収めた『Injustice 2』最新映像!―モバイル版の事前登録も開始

  10. 『鉄拳7』最新トレイラー公開、三島親子のクライマックス描く「The Mishima Saga」他ゲームモード詳細も!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top