Tripwire Interactive、Co-opタイプのサバイバルホラーFPS『Killing Floor』を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Tripwire Interactive、Co-opタイプのサバイバルホラーFPS『Killing Floor』を発表

リアル系ミリタリーFPSの Red Orchestra: Ostfront 41-45 を開発した事で知られるTripwire InteractiveがCo-opタイプのサバイバルホラーFPS、 Killing Floor を発表しました。スクリーンショットも数点公開されています。

PC Windows


リアル系ミリタリーFPSのRed Orchestra: Ostfront 41-45を開発した事で知られるTripwire InteractiveがCo-opタイプのサバイバルホラーFPS、Killing Floor発表しました。本作は元々Unreal Tournament 2004の無料Mod(トータルコンバージョン)として公開されていましたが、製品版では様々なパワーアップがされているそうです。

※その他のスクリーンショットはこちらでどうぞ


本作の舞台はイギリスのロンドン。怪しい科学者の「実験体」が研究所を逃げ出して大暴れするというストーリーとなっており、以下の様な特徴が明らかにされています。

■最大6人までのCo-opモード。

■スローモーション機能"ZEDtime"はマルチプレイにおいても有効。

■爪やチェーンソウ、チェーンガンなどで武装した9種類のモンスターが登場。

■ナイフ、ポンプショットガン、火炎放射器など12種類以上の武器が登場。

■溶接機、ボディーアーマー、メディカルツールなどプレイヤーを手助けするアイテムを追加。

■Persistent Perksシステムによりプレイヤーの能力や技術をパワーアップ。

■プレイヤーはPerkを選ぶことが可能。

■オープンでノンリニアなゲームプレイ。

■Steam AchievementsやFriends、Steamworksの機能に対応。

■難易度やモンスターのウェーブ間隔などはプレイヤーが変更可能。

■マップやMod作成のためのSDKも収録。

その他の情報については近々公開予定の公式サイトで明らかとなるそうです。正確な発売日などは不明ですが、価格については安価なものになるとの事です。

ゾンビ物としてはLeft 4 DeadCall of Duty: World at War(Nazi Zombiesモード)といったヒット作が待ち受ける中、どのようなインパクトを与えてくれるのでしょうか。そして本作はTripwire Interactiveを更に飛躍させる作品となるのでしょうか。色々な意味でも楽しみですね。
(ソース: Voodoo Extreme, Tripwire Interactive, イメージ: 公式サイト, Voodoo Extreme)

(c)2005-2008, Tripwire Interactive, LLC

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Left 4 Dead』
新たなゲームモードも!『Red Orchestra』の大型アドオンが近日公開!
ゾンビを焼いて焼きまくれ!『Burn Zombie Burn!』PSNで3月26日配信決定
赤頭巾と桃太郎の最狂タッグ? 『Little Red Riding Hood's Zombie BBQ』トレイラー

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

PC アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

    『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

  2. 『マインクラフト』ソニック30周年を祝うDLC「Sonic the Hedgehog」配信スタート

    『マインクラフト』ソニック30周年を祝うDLC「Sonic the Hedgehog」配信スタート

  3. サマーセールの開催近づく!Steamのデータベースにミステリーカードが登録

    サマーセールの開催近づく!Steamのデータベースにミステリーカードが登録

  4. ゾンビ退治にこいつらは欠かせない!『Zombie Army 4: Dead War』に『Left 4 Dead』キャラクターが参戦するDLC登場

  5. HDリマスター版『聖剣伝説 LoM』で味わえるのは、あなただけの世界・戦力・物語―受け継がれた特徴から追加要素までご覧あれ【プレイレポ】

  6. SF基地建設ARPG『リフトブレイカー』開発版がベータに移行―低性能なGPUにも有効な新機能はプロローグ版にも適用して配信開始

  7. 発売目前の4人Co-opARPG『Dungeons & Dragons: Dark Alliance』愉快なシネマティックローンチトレイラー公開

  8. 『ニーア オートマタ』世界累計出荷・ダウンロード販売本数が600万本を突破―わずか5ヶ月で50万も記録更新

  9. EAが『バトルフィールド4』サーバーを増強したことを明らかに―Amazonプライム会員向け無料配布は本日まで!

  10. Epic時限独占のSF街づくりシム『Industries of Titan』Steamにて早期アクセス開始―独占について開発チームによるコメントも

アクセスランキングをもっと見る

page top