『Dragon Age: Origins』はリリースから2年に渡ってDLCが制作される事が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dragon Age: Origins』はリリースから2年に渡ってDLCが制作される事が明らかに

バルダーズゲートシリーズの実質的な後継か?等、コアなシングルプレイPRGとしてファンの期待を集めている Dragon Age: Origins ですが、なんとリリース後2年間に渡ってDLCが制作される事がMTVのインタビューで明らかになりました。

PC Windows



バルダーズゲートシリーズの実質的な後継作品か?等、コアなシングルプレイPRGとしてファンの期待を集めているDragon Age: Origins。奥深いキャラクターカスタマイズや戦闘システムにハードコアなストーリ等、いかにもBiowareのRPGタイトルらしいボリューム感に溢れる作品になりそうな気配がリリース前から漂っています。先日MTVが行ったBiowareのGreg Zeschuk氏へのインタビューにおいて、なんと本作ではリリース後2年間に渡ってDLCが制作される事が明らかになりました。

また同時期に公開された映像ではいくつかの職業の戦闘の様子が確認でき、美しい3D映像に進化したものの、バルダーズゲートやNeverwinter Nightsシリーズを端々で思わせる様な動きや奥深さが伺えます。Dragon Age: Originsは2009年秋リリースの予定で、対応プラットフォームはWindows、Xbox 360、PLAYSTATION 3となっています。
[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/58018]Shacknews[/url],[url=http://www.vg247.com/2009/04/06/dragon-age-dlc-could-last-for-two-years/]VG247[/url])[/size]

【関連記事】
コンソール移植にも期待?『Dragon Age: Origins』フィーチャー&E3プレイ動画
E3 08: BioWareの次期大作RPG『Dragon Age: Origins』デビュートレイラー
BioWareの本命RPG!?『Dragon Age』は2009年4月までにリリース予定
DX10に完全対応 BioWareの大作RPG『Dragon Age』
《nick》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

    最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  3. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

    三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  4. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  5. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  6. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  7. 日本語吹き替え対応か?ハリポタRPG『ホグワーツ・レガシー』Steam版の対応言語表に記載が

  8. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  9. 『Dark and Darker』第4回プレイテストまで後6時間!今回はソロプレイヤー向けの新ダンジョンが実装

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top