Ubisoft社長 「次世代の家庭用ゲーム開発コストは50億円以上になる」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ubisoft社長 「次世代の家庭用ゲーム開発コストは50億円以上になる」

先日Project Natalなどの新型モーションデバイスついて気になる発言をしていたUbisoftの社長Yves Guillemot氏ですが、次世代のゲーム環境についても興味深い意見を述べているようです。

ニュース 最新ニュース


Project Natalなどのモーションデバイスついて気になる発言をしていたUbisoftの社長Yves Guillemot氏ですが、次世代のゲーム環境についても興味深い意見を述べているようです。

Guillemot氏はCNBCのインタビューで、(PS3やXbox 360などの後継となる)次世代家庭用機の表現技術はCG映画と同等のレベルになり、その開発費用はおよそ6000万ドル(約57億円)になると発言。メーカーとしては出来る限り長いあいだ現行機の世代に留まりたいと話しながらも、いずれユーザーはさらに高性能のマシンを求めるようになるだろう、と付け加えています。

家庭用ゲームは現行機で終わり、あるいは相当先になるというもありましたが、Guillemot氏はもし将来ハイエンドな次世代ゲームが登場する場合、OnLiveのようなゲームのストリーミングサービスが重要な役目を果たすとも語っています。(ソース: GamesIndustry: Guillemot: Game budgets to hit $60 million next gen)


【関連記事】
Epic Games:ゲームはあと10〜15年でハリウッド映画の映像表現に追いつく
『Assassin's Creed 2』開発スタッフの人数は前作の約三倍
海外アナリスト「家庭用ゲームは現行機が最後の世代になる。」
マイクロソフト「Xbox 360の後継機を発売するのはずっと先」
Crytek「クラウドゲーミングは2013年以降にならないと実現は難しい。」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
Ubisoft社長:モーションコントロールはコアゲーム向きではない
E3 09: Ubisoft、Webベースのオンラインサービス『uPlay』を発表。サービス開始は今年の末を予定
《Rio Tani》
BFV最新ニュース[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

    『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

  2. PS4日本語版『OVERKILL’s The Walking Dead』の発売日が無期延期―発売元と協議も…

    PS4日本語版『OVERKILL’s The Walking Dead』の発売日が無期延期―発売元と協議も…

  3. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

    PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  4. 『キングダム ハーツIII』1度だけの特別CMが1月17日放映!サッカー日本代表戦にて

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. オフロードレーシング『ダートラリー2.0』国内PS4版が2019年4月18日に発売決定!―告知トレイラー公開

  7. ファミコン風ニンジャアクション『Oniken: Unstoppable Edition』のコンソール版が発表!

  8. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  9. 新作オープンワールドサバイバル『DYSMANTLE』発表!―トレイラー公開

  10. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

アクセスランキングをもっと見る

page top