『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟

アメリカで ファイナルファンタジーXI のユーザーらが、 スクウェア・エニックス 米法人に対し、虚偽の広告で不当に利益を得ていたとし500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。

ニュース 最新ニュース
アメリカでファイナルファンタジーXIのユーザーらが、スクウェア・エニックス米法人に対し、500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。Courthouse News Serviceが報じました。

原告の代表であるEsther Leong氏の訴えによると、スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーXIの月額料金システム、支払遅延のペナルティー、アカウント停止中の課金、その他重要な制約事項等、商品購入時に知らせるべき必要な情報を告示せず、不公正な商法や虚偽の広告で不当に利益を得ていたとのこと。

被害を受けたとする原告側は500万ドル(およそ4億8000万円)以上の損害賠償を要求。PDFの訴状がこちらで公開されています。この件についてスクウェア・エニックスから正式な回答はまだ発表されていません。(ソース: Courthouse News Service: Class Sues Online Gamer Square Enix via 1UP)


【関連記事】
噂:『ファイナルファンタジーXIV』のベータテストが海外で9月にスタート?
E3 09: 『ファイナルファンタジーXIV オンライン』発表!PS3とPCで2010年登場
サービス終了のMMORPG『Tabula Rasa』サーバー停止最後の瞬間
中国産ブラウザMMOゲーム、『ラグナロクオンライン』や『WoW』などから盗作が発覚
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
スクエニ和田社長 「Eidosと共同でオリジナルタイトルを制作したい」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『DEATH STRANDING』公式アートブック「The Art of DEATH STRANDING」が11月に海外で発売―数百のコンセプトアートや新川洋司氏のアートワークも収録

    『DEATH STRANDING』公式アートブック「The Art of DEATH STRANDING」が11月に海外で発売―数百のコンセプトアートや新川洋司氏のアートワークも収録

  2. 『リトルナイトメア2』公式サイトオープン!ダークな世界観を始めとする本作の特徴も紹介

    『リトルナイトメア2』公式サイトオープン!ダークな世界観を始めとする本作の特徴も紹介

  3. オフロードシム続編『SnowRunner』PC/PS4/XB1で2020年海外発売発表―雪山含む悪路で格闘するトレイラー公開

    オフロードシム続編『SnowRunner』PC/PS4/XB1で2020年海外発売発表―雪山含む悪路で格闘するトレイラー公開

  4. デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から

  5. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. SIEのパブリッシング作品がEpic Gamesストアに登場!『ReadySet Heroes』PC版が発表

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』水を使う新古龍「ネロミェール」が登場するPV第4弾!

  9. SIE、『Marvel's Spider-Man』で知られるデベロッパーInsomniac Gamesを買収

  10. 『モンハン:ワールド』防具「ガーディアン」シリーズ&アイテムパックを全プレイヤーに配信!『アイスボーン』に備えよ

アクセスランキングをもっと見る

page top