『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟

アメリカで ファイナルファンタジーXI のユーザーらが、 スクウェア・エニックス 米法人に対し、虚偽の広告で不当に利益を得ていたとし500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。

ニュース 最新ニュース
アメリカでファイナルファンタジーXIのユーザーらが、スクウェア・エニックス米法人に対し、500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。Courthouse News Serviceが報じました。

原告の代表であるEsther Leong氏の訴えによると、スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーXIの月額料金システム、支払遅延のペナルティー、アカウント停止中の課金、その他重要な制約事項等、商品購入時に知らせるべき必要な情報を告示せず、不公正な商法や虚偽の広告で不当に利益を得ていたとのこと。

被害を受けたとする原告側は500万ドル(およそ4億8000万円)以上の損害賠償を要求。PDFの訴状がこちらで公開されています。この件についてスクウェア・エニックスから正式な回答はまだ発表されていません。(ソース: Courthouse News Service: Class Sues Online Gamer Square Enix via 1UP)


【関連記事】
噂:『ファイナルファンタジーXIV』のベータテストが海外で9月にスタート?
E3 09: 『ファイナルファンタジーXIV オンライン』発表!PS3とPCで2010年登場
サービス終了のMMORPG『Tabula Rasa』サーバー停止最後の瞬間
中国産ブラウザMMOゲーム、『ラグナロクオンライン』や『WoW』などから盗作が発覚
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
スクエニ和田社長 「Eidosと共同でオリジナルタイトルを制作したい」
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 【PC版無料配布開始】英雄の魂を操る悪魔が主人公のアクションRPG『Shadows: Awakening』―最大95%オフのサマーセール中GOGにて

    【PC版無料配布開始】英雄の魂を操る悪魔が主人公のアクションRPG『Shadows: Awakening』―最大95%オフのサマーセール中GOGにて

  2. 『AC6』3,278円に『パワプロ2022』2,178円! ゲオの新セールが開幕─公式ストアでは『FF16』2,799円、『MGS:MC Vol.1』1,999円

    『AC6』3,278円に『パワプロ2022』2,178円! ゲオの新セールが開幕─公式ストアでは『FF16』2,799円、『MGS:MC Vol.1』1,999円

  3. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

    Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  4. 『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

  5. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  6. 初代『バイオハザード』オリジナル版がPCに再び?海外レーティングページに掲載

  7. 高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

  8. 【PC版無料配布開始】ドーナツ工場パズル『Freshly Frosted』本編&最大20人の対戦乱闘『Rumble Club』インゲームアイテム―Epic Gamesストアにて

  9. 『ガンダムブレイカー3』などセール最安値を更新!『カプコンアーケード 2ndスタジアム』は1本あたり“約52円”と大特価【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  10. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top