家庭用ゲーム機における女性ユーザーの比率が上昇。NPDが最新の調査結果を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

家庭用ゲーム機における女性ユーザーの比率が上昇。NPDが最新の調査結果を発表

ニュース 最新ニュース


大手マーケティングリサーチ会社NPD Groupによるマーケティング調査の最新結果が報告されています。この調査は2歳から65歳以上、約2万人の消費者を対象に行われたもので、昨今のゲーマーの状況が明らかとなっています。詳しい調査結果は以下の通り。
■コンソールゲーム機の女性ユーザーの割合が23%から28%に上昇。

■Wiiのユーザー数は昨年から19%の上昇。

■ポータブルゲーム機の女性ヘビーゲーマーは4%上昇。

■ポータブルゲーム機の女性エクストリームゲーマーは4%上昇。

■エクストリームゲーマーの1週間あたりのプレイ時間が46時間から39時間に減少。

■エクストリームゲーマーは2008年のホリデーシーズンに平均して24タイトルを購入した。

■エクストリームゲーマーの割合は全ゲーマーの4%のみ。

■ゲーマーのプレイ時間の昨年と同じく38%がオンラインプレイに費やされた。

■2008年第4四半期に購入されたゲームの内、16%のがデジタルダウンロードで購入された。しかしデジタルダウンロードでゲームを購入するゲーマーの平均数は減少した。

調査結果を見てみると昨年に比べ女性ゲーマーの増加が目立ちます。NPDでは女性ゲーマーの増加には任天堂のWiiが貢献しているのではないかとしています。

2007年に開催されたWomen in Games Conferenceで、Electronic ArtsのSharon Knight氏が「Wiiの親しみやすさは女性ゲーマーにとって魅力的」とも話しているように、Wiiは女性にとっても敷居が低く受け入れやすいゲーム機なのでしょう。

ゲーマーの世代・性別・思考の変化が徐々に市場に影響を及ぼしている今、どんなゲームが必要とされているのかを見極める事が各メーカーにとって重要な課題となることでしょう。

(ソース: Gamasutra, GameSpot)


【関連記事】
本日の一枚 『英国で最もセクシーな女性Haloファン』
『Second Life』上で売春行為をする、あるバーチャル娼婦さんの告白
MMOのユーザーにはバイセクシャルの女性が多い… 米調査結果から明らかに
女性プロゲーマーが24時間ゲームし続けるギネス記録を達成!反応は…微妙?

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  2. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

    米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  3. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

    「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

  4. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. 噂:新作『バトルフィールド』は10年ぶりにWW2が舞台に?タイトルは『V』か

  7. PC版『PAYDAY 2』ゲーム本体のみの販売を再開予定ー「Ultimate Edition」も従来通り継続

  8. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  9. コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

  10. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

アクセスランキングをもっと見る

page top