『Dead Space』のハリウッド実写映画化が決定。シリーズ新作も開発中? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dead Space』のハリウッド実写映画化が決定。シリーズ新作も開発中?

スピンオフのDead Space: Extractionは国内リリースも決定したDead Spaceフランチャイズですが、Electronic Artsがハリウッド映画化プロジェクトに着手したことが分かりました。さらに二つのシリーズ新作の開発も報じられています。

ニュース 最新ニュース


スピンオフのDead Space: Extractionは国内リリースも決定したDead Spaceフランチャイズですが、Electronic Artsがハリウッド映画化プロジェクトに着手したことが分かりました。さらに二つのシリーズ新作の開発も報じられています。

Varietyの報道によると、実写映画版Dead Spaceは、スピルバーグが製作総指揮を務めた『イーグル・アイ』のD・J・カルーソ監督がメガホンを取り、EA自身も作品をプロデュース。現在は脚本を審査している段階で、今年9月の初旬にはスタジオが決定して撮影に入ると見られています。

二つの新作ゲームについては、Dead Space: ExtractionとDead Space 2のことではないか、との声もありますが、詳細は明らかになっていません。(ソース: Variety: D.J. Caruso to direct 'Dead Space')


【関連記事】
『Dead Space: Extraction』の発売日が発表。最新映像や最新スクリーンショットも公開
『Dead Space』の開発スタジオEA Redwood Shoresが“Visceral Games”に改名
海外レビューハイスコア 『Dead Space』
ハリウッド実写映画版『悪魔城ドラキュラ』はソウのジェームズ・ワンが監督
ハリウッド実写映画版『Warcraft』の監督にスパイダーマンのサム・ライミが抜擢
“プレイする映画”『アンチャーテッド』がハリウッドで実写映画化
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

    『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  3. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  4. 生き延びるために戦え! 剣闘士アクション『Gladiux』発表―2020年リリース予定

  5. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  6. まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

  7. インサイダー取引の疑いで逮捕された中裕司氏らが追起訴―『FF7FS』の内部情報もとに不正買付の疑い

  8. 「残念ながらSCP-173の画像は近々削除されます」SCP財団公式が発表―SCP-173が登場するゲームへの影響は?

  9. ガールズ剣戟ACT『サムライメイデン』累計販売本数5万本突破!Steam版は10%オフセール中

  10. フレンドのウォレットに直接送金できる「Steam デジタルギフトカード」が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top