EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは?

Halo 3: ODSTとHalo: Reach以降は、Haloシリーズから手を引くと言われるBungieですが、パブリッシャーやプラットフォームも未定で、完全なオリジナルIPになるという次回作に業界からの注目が集まっています。

ニュース 最新ニュース


Halo 3: ODSTとHalo: Reach以降は、マイクロソフトが権利を所有するHaloシリーズから手を引くと言われるBungieですが、パブリッシャーやプラットフォームも未定で、完全なオリジナルIPになるという次回作に業界からの注目が集まっています。

Eurogamerのインタビューに答えたBungieのLars Bakken氏は、同スタジオが既にHaloとは全く別の新作プロジェクトに着手しており、パブリッシャーとの契約を結ぶ日が近いことを示唆しました。

この新作の内容に関する情報は今のところ一切ありませんが、最近id Softwareを買収したことで知られるBethesdaのプロデューサーAshley Cheng氏は、5つの大手パブリッシャーが興味を示していると話しています。
“Bungieの次回作を買うことができるパブリッシャーの数は、あなたの5本の指で数えることができるでしょう。EA(EA Partner)、Activision、Ubisoft、Microsoft、そしてもちろんBethesdaです。彼らの新作を手に入れるのにどれほどの契約料が必要になるのか、私には想像することしかできません。”

またCheng氏は、ソニーも入札希望者になるかもしれないと話しながらも、実現の可能性は低いと予想しているそうです。(ソース: 1UP, TeamXbox)


【関連記事】
ユーザーが『Halo 3』のオンラインマッチに費やした合計時間 = 2兆231億5334万764秒
Bungie社長: 『Halo: Reach』はProject Natalに対応するのは間違いない
迫力のゲームプレイシーンが満載!『Halo 3: ODST』最新トレイラー公開
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
国内向けにも正式発表!『Halo Legends』初公開デビュートレイラー
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  2. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  5. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  10. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top