EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは?

ニュース 最新ニュース



Halo 3: ODSTとHalo: Reach以降は、マイクロソフトが権利を所有するHaloシリーズから手を引くと言われるBungieですが、パブリッシャーやプラットフォームも未定で、完全なオリジナルIPになるという次回作に業界からの注目が集まっています。

Eurogamerのインタビューに答えたBungieのLars Bakken氏は、同スタジオが既にHaloとは全く別の新作プロジェクトに着手しており、パブリッシャーとの契約を結ぶ日が近いことを示唆しました。

この新作の内容に関する情報は今のところ一切ありませんが、最近id Softwareを買収したことで知られるBethesdaのプロデューサーAshley Cheng氏は、5つの大手パブリッシャーが興味を示していると話しています。
“Bungieの次回作を買うことができるパブリッシャーの数は、あなたの5本の指で数えることができるでしょう。EA(EA Partner)、Activision、Ubisoft、Microsoft、そしてもちろんBethesdaです。彼らの新作を手に入れるのにどれほどの契約料が必要になるのか、私には想像することしかできません。”

またCheng氏は、ソニーも入札希望者になるかもしれないと話しながらも、実現の可能性は低いと予想しているそうです。(ソース: 1UP, TeamXbox)


【関連記事】
ユーザーが『Halo 3』のオンラインマッチに費やした合計時間 = 2兆231億5334万764秒
Bungie社長: 『Halo: Reach』はProject Natalに対応するのは間違いない
迫力のゲームプレイシーンが満載!『Halo 3: ODST』最新トレイラー公開
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
国内向けにも正式発表!『Halo Legends』初公開デビュートレイラー
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  6. 『SOS: The Ultimate Escape』アルファテスター募集開始ー 『Dead Space』シリーズ開発者らの新作バトルロワイヤル

  7. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  8. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  9. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  10. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

アクセスランキングをもっと見る

page top