EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは?

Halo 3: ODSTとHalo: Reach以降は、Haloシリーズから手を引くと言われるBungieですが、パブリッシャーやプラットフォームも未定で、完全なオリジナルIPになるという次回作に業界からの注目が集まっています。

ニュース 最新ニュース


Halo 3: ODSTとHalo: Reach以降は、マイクロソフトが権利を所有するHaloシリーズから手を引くと言われるBungieですが、パブリッシャーやプラットフォームも未定で、完全なオリジナルIPになるという次回作に業界からの注目が集まっています。

Eurogamerのインタビューに答えたBungieのLars Bakken氏は、同スタジオが既にHaloとは全く別の新作プロジェクトに着手しており、パブリッシャーとの契約を結ぶ日が近いことを示唆しました。

この新作の内容に関する情報は今のところ一切ありませんが、最近id Softwareを買収したことで知られるBethesdaのプロデューサーAshley Cheng氏は、5つの大手パブリッシャーが興味を示していると話しています。
“Bungieの次回作を買うことができるパブリッシャーの数は、あなたの5本の指で数えることができるでしょう。EA(EA Partner)、Activision、Ubisoft、Microsoft、そしてもちろんBethesdaです。彼らの新作を手に入れるのにどれほどの契約料が必要になるのか、私には想像することしかできません。”

またCheng氏は、ソニーも入札希望者になるかもしれないと話しながらも、実現の可能性は低いと予想しているそうです。(ソース: 1UP, TeamXbox)


【関連記事】
ユーザーが『Halo 3』のオンラインマッチに費やした合計時間 = 2兆231億5334万764秒
Bungie社長: 『Halo: Reach』はProject Natalに対応するのは間違いない
迫力のゲームプレイシーンが満載!『Halo 3: ODST』最新トレイラー公開
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
国内向けにも正式発表!『Halo Legends』初公開デビュートレイラー
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

    『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  3. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  4. 負けたとしても「いい試合だった」と思えるように…『オーバーウォッチ 2』現在の課題や取り組み公開

  5. 『Apex Legends』と『タイタンフォール』世界が舞台の新作開発中止か―開発チームは配置換え先が見つからない場合解雇との報道

  6. 生き延びるために戦え! 剣闘士アクション『Gladiux』発表―2020年リリース予定

  7. ガールズACT『サムライメイデン』が初登場1位!Steam売上ランキングまとめ―特徴的なアートスタイルの『Need for Speed Unbound』も健闘

  8. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  9. 噂:『Kerbal Space Program』開発チームの大多数離脱、一部はValveに移籍か

  10. 強力なIP開発やWeb3とディープラーニングへの投資を続ける―『PUBG』開発元の2023年企業戦略が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top