ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。15年近く前のインタビュー記事からその理由が明らかになりました。

ゲーム文化 カルチャー


あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。

1993年に発行されたGame Playersマガジンのカプコン副社長Joseph Morici氏のインタビューによると、当時日本で作られたロックマンのローカライズを検討していたMorici氏は、“Rockman”というタイトル名が単純に気に入らなかったそうです。

“あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。”

日本ではごく自然に受け入れらているRockmanというネーミングですが、英語圏の人間にはかなり印象が異なるのか、Mega Manの方がしっくりくると支持するゲーマーが海外ではやはり多い模様。ネタとして有名なAll your base are belong to usGiant Enemy Crabのようにちょっとおかしな響きさえあるのかもしれませんね。(ソース: s-kill's blog)


【関連記事】
ロックマンは更に時代を逆行?ファンによりAtari 2600版が作られる
ロックマンとブルースがCo-opプレイ!『Mega Man 2.5D』の最新動画
PUMAから『ロックマン』デザインのスニーカーが発売
ロックマンが100種類以上の特殊武器を駆使してメットールと戦う動画
本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
PSNやXBLAでも配信を確認!『ロックマン9』ファーストフッテージ映像
《Rio Tani》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 中国でGPU価格が急落中―当局のマイニング禁止処置はGPUの供給不足解消につながるか?

    中国でGPU価格が急落中―当局のマイニング禁止処置はGPUの供給不足解消につながるか?

  2. 自宅がまるでゲームセンター!家庭用ゲーム筐体『ARCADE1UP OutRun』8月発売決定―セガの名作ドライビングゲーム4作品を収録

    自宅がまるでゲームセンター!家庭用ゲーム筐体『ARCADE1UP OutRun』8月発売決定―セガの名作ドライビングゲーム4作品を収録

  3. 海上サバイバル『Raft』生活に彩りをもたらす大型アップデート「The Renovation Update」配信開始

    海上サバイバル『Raft』生活に彩りをもたらす大型アップデート「The Renovation Update」配信開始

  4. 2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに

  5. ダークファンタジーな国産メトロイドヴァニア『ENDER LILIES』PC/スイッチ向けに正式リリース

  6. 『モータルコンバット』2D実写時代の役者がフレンドシップな写真を公開! 海外イベントに参加

  7. 『Dota 2』世界大会「The International」スウェーデンがe-Sportsをスポーツと認めないことでイベント開催危機―Valveは他国での開催も視野に

  8. Twitterで最もゲームについてツイートした国は今年もやっぱり日本―E3や『Apex』『原神』『ELDEN RING』などに注目集まる

  9. 世界に1つだけの遺物を目指す非同期マルチプレイACT『Phantom Abyss』早期アクセス開始!

  10. 「レゴ スーパーマリオ」2人で遊べる新機能「協力プレイ」登場!新たなブロックやキャラが登場する拡張パックも

アクセスランキングをもっと見る

page top