ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。15年近く前のインタビュー記事からその理由が明らかになりました。

ゲーム文化 カルチャー


あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。

1993年に発行されたGame Playersマガジンのカプコン副社長Joseph Morici氏のインタビューによると、当時日本で作られたロックマンのローカライズを検討していたMorici氏は、“Rockman”というタイトル名が単純に気に入らなかったそうです。

“あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。”

日本ではごく自然に受け入れらているRockmanというネーミングですが、英語圏の人間にはかなり印象が異なるのか、Mega Manの方がしっくりくると支持するゲーマーが海外ではやはり多い模様。ネタとして有名なAll your base are belong to usGiant Enemy Crabのようにちょっとおかしな響きさえあるのかもしれませんね。(ソース: s-kill's blog)


【関連記事】
ロックマンは更に時代を逆行?ファンによりAtari 2600版が作られる
ロックマンとブルースがCo-opプレイ!『Mega Man 2.5D』の最新動画
PUMAから『ロックマン』デザインのスニーカーが発売
ロックマンが100種類以上の特殊武器を駆使してメットールと戦う動画
本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
PSNやXBLAでも配信を確認!『ロックマン9』ファーストフッテージ映像
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に

    小島監督の『メタルギアソリッド』開発裏話に“1.3万件”のいいね─24周年を迎えた名作にまつわる話は令和でも大人気に

  2. ソウルライクでメトロイドヴァニアでサイバーパンクな2Dアクション『Dark Light』正式リリース!

    ソウルライクでメトロイドヴァニアでサイバーパンクな2Dアクション『Dark Light』正式リリース!

  3. 現実世界の気象を再現する『Microsoft Flight Simulator』で猛威振るうハリケーン「イアン」の近くを飛ぶパイロットたち…

    現実世界の気象を再現する『Microsoft Flight Simulator』で猛威振るうハリケーン「イアン」の近くを飛ぶパイロットたち…

  4. 「ありがとう」溢れた15年の終わり『ファンタジーアース ゼロ』サービスに終止符―『FEZ』最後の瞬間には多くのプレイヤーの声止まず

  5. 地下を掘って地上を守るローグライク採掘サバイバル『Dome Keeper』配信開始!

  6. 『Apex Legends』「KNRとGETIプレデターレース」が9月29日18時より配信!KNR7人に“うるか”と“ゆふな”を加えた計9人で実施

  7. ウルトラセブンの「アイスラッガー」が特大クッション化!抱きついても切り裂かれない安心設計

  8. PCの組み立てを体験できるシミュレーションゲーム『PC Building Simulator 2』配信日決定!

  9. 新グッズ「星のカービィ ぷかぷか加湿器」が登場!水を入れると、カービィが“ぷかぷか”浮かぶ

  10. アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の違法Blu-ray BOXにご注意!

アクセスランキングをもっと見る

page top