ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。15年近く前のインタビュー記事からその理由が明らかになりました。

ゲーム文化 カルチャー


あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。

1993年に発行されたGame Playersマガジンのカプコン副社長Joseph Morici氏のインタビューによると、当時日本で作られたロックマンのローカライズを検討していたMorici氏は、“Rockman”というタイトル名が単純に気に入らなかったそうです。

“あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。”

日本ではごく自然に受け入れらているRockmanというネーミングですが、英語圏の人間にはかなり印象が異なるのか、Mega Manの方がしっくりくると支持するゲーマーが海外ではやはり多い模様。ネタとして有名なAll your base are belong to usGiant Enemy Crabのようにちょっとおかしな響きさえあるのかもしれませんね。(ソース: s-kill's blog)


【関連記事】
ロックマンは更に時代を逆行?ファンによりAtari 2600版が作られる
ロックマンとブルースがCo-opプレイ!『Mega Man 2.5D』の最新動画
PUMAから『ロックマン』デザインのスニーカーが発売
ロックマンが100種類以上の特殊武器を駆使してメットールと戦う動画
本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
PSNやXBLAでも配信を確認!『ロックマン9』ファーストフッテージ映像
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 激しい攻めに耐えられるか…アダルトグッズと連動して激しく振動するハイスピードFPSの“公式Mod”が登場

    激しい攻めに耐えられるか…アダルトグッズと連動して激しく振動するハイスピードFPSの“公式Mod”が登場

  2. W杯の試合だと騙されサッカーゲームの配信を見てしまう人が多数?実際の試合と同じスコアにする工夫も

    W杯の試合だと騙されサッカーゲームの配信を見てしまう人が多数?実際の試合と同じスコアにする工夫も

  3. 人類の存亡をかけた宇宙ステーション建築シム『IXION』日本語対応で配信!

    人類の存亡をかけた宇宙ステーション建築シム『IXION』日本語対応で配信!

  4. RTX 4090も登場!『PC Building Simulator 2』新パーツを追加する初大型アップデート実施

  5. アルコール度数は9%と強め!『The Callisto Protocol』公式ビールが誕生―ビール製造会社とコラボした理由とは

  6. マルチプレイとローグライクの要素を組み合わせた古代神話FPS『PERISH』の配信日が決定!

  7. 【18禁】『エルシャダイ』史上初のアダルトグッズ登場!神は言っている、快感ギミックがループすると…

  8. 「父ノ背中」所属プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪…「このままでは契約解除せざるを得ない」

  9. 『ドラクエ』超貴重な「鳥山明氏のモンスターデザイン画」は必見!『トレジャーズ』発売前に“お宝資料”公開

  10. 『R-TYPE FINAL 2』PLUM1/100「R-9Aアロー・ヘッド」レビュー!フォースと合体したR-9Aはボリューム満点だった【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top