Activision、とある理由により『Wolfenstein』のドイツ版をリコール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、とある理由により『Wolfenstein』のドイツ版をリコール

Activisionは8月21日に発売された Wolfenstein のドイツ版をリコールすることを発表しました。その理由とはゲーム中のテクスチャに“鉤十字(ハーケンクロイツ)”が使用されていたから。

PC Windows

Activisionは8月21日に発売されたWolfensteinのドイツ版をリコールすることを発表しました。その理由とはゲーム中のテクスチャに“鉤十字(ハーケンクロイツ)”が使用されていたから。

ご存知の通りドイツでは研究及び反ナチ意識高揚の目的以外に鉤十字を使用することが法律で禁じられています。そのためゲームでは鉤十字を含む、ナチスを連想させる図柄などは代替のものに置き換えられたりと修正削除されるのですが、今回のドイツ版Wolfensteinではどうやらチェックの見落としがあり鉤十字の入ったテクスチャがそのまま使用されてしまったようです。ちなみにそのテクスチャがこちら。

小っさ!これじゃあ見落とすのも無理はありませんが、誰も気に留めないような小さな使用すら許されないというのはかなり厳しいですね(汗)。Schnittberichte.comでは通常版とドイツ版との比較画像が多数掲載されているので興味がある方は是非ご覧下さい。もうなんだか間違い探しみたい……。
(ソース: Kotaku, イメージ: Schnittberichte.com)


【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Wolfenstein』
『Wolfenstein』のローンチトレイラーが公開。Quakeconではプレイアブル展示の予定も
『Wolfenstein』ゲーム内ポイントや武器のアンロックなど、各ショップの予約特典が明らかに
対戦はクラス制のチームベース形式に。『Wolfenstein』のマルチプレイヤー情報が初公開
まるで映画!B.Jが活躍する『Wolfenstein』のオープニング映像が公開
迫力ある戦闘シーンなどが満載。『Wolfenstein』最新映像4本立て

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『Microsoft Flight Simulator』手作業で作成した空港は……37,000箇所!開発舞台裏映像がお披露目

    『Microsoft Flight Simulator』手作業で作成した空港は……37,000箇所!開発舞台裏映像がお披露目

  2. 『ポケモン』風MMO『Temtem』売上が50万本突破!ロードマップも近日公開に

    『ポケモン』風MMO『Temtem』売上が50万本突破!ロードマップも近日公開に

  3. 対戦FPS『Quantum League』無料オープンベータが開始―タイムループして過去の自分と協力だ

    対戦FPS『Quantum League』無料オープンベータが開始―タイムループして過去の自分と協力だ

  4. 美麗ドット絵アクションADV『Gestalt: Steam & Cinder』発表―巨大な蒸気機関都市の秘密に迫れ

  5. 7日間を生き残り続ける惑星サバイバルMMO『Population Zero』のSteam早期アクセス開始日決定!

  6. ゾンビサバイバル『Dying Light』5周年記念イベントスタート! 新難易度の追加やPC版の初無料プレイも

  7. インドネシア産女子高生アクションホラー『DreadOut 2』配信開始―除霊方法はスマホ撮影と…近接武器!?

  8. 麻薬王に……俺はなる!麻薬売人シム『Drug Dealer Simulator』のデモ版が2月27日から公開

  9. 暗黒世界のターン制ストラテジー『Othercide』今夏発売!「サイレントヒルの中でのXCOMとダークソウルの出会い」

  10. Epic GamesストアにてPC版『アサシン クリード シンジケート』『Faeria』期間限定無料配信開始!―次週は『InnerSpace』

アクセスランキングをもっと見る

page top