「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表

暴力表現を理由にオーストラリアのレーティングを通過せず、事実上の発禁となってしまった Left 4 Dead 2 。これに対し今回、パブリッシャーのEAより「映画はよくてゲームはだめなのか」といった声明が出ています。

PC Windows

暴力表現を理由にオーストラリアのレーティングを通過せず、事実上の発禁となってしまったLeft 4 Dead 2。これに対し、開発のValveからはコメントが出ていましたが、今回、パブリッシャーのEAより遺憾とする声明が出ています。スポークスマンのTiffany Steckler氏は以下のように話しています。
“マッドマックスのような暴力要素満載の映画が歓迎されるオーストラリアのような場所で、同じ理由からビデオゲームが事実上の発禁になってしまうのはおかしなことです。消費するコンテンツに関して、成人には選択する権利があるはずなのです。”

オーストラリアのレーティング機関OFLCは、審査を見合わせた理由として「生きている人間である“Infected”への激しい暴力、バールや斧、チェーンソーといった近接武器によるおびただしい量の出血、身体切断」を挙げています。Left 4 Dead 2に修正が入るかどうかについて、EAは現在ノーコメント。オーストラリアでは今年これまでにRisen、Sexy Poker、Necrovisionの3タイトルが審査を通過しませんでしたが、Sexy PokerとNecrovisionは内容の修正の上で販売にこぎつけています。

日本でも暴力表現の規制に関し不満の声が出ることがありますが、それは主にユーザーからのものでした。今回の声明は、パブリッシャーにも「成人には選択肢が与えられるべき」で「映画はよくてなぜゲームはだめなのか」という、ユーザーと共通の問題意識があるという点で重要です。(ソース: GameSpot AU: EA responds to L4D 2 banning down under)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ 2』マッププール廃止やレベルデザイン変更を発表―「開発チームの判断は間違っていました」

    『オーバーウォッチ 2』マッププール廃止やレベルデザイン変更を発表―「開発チームの判断は間違っていました」

  2. 危険な西部での新生活はまもなく!西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』シネマティックトレイラー公開

    危険な西部での新生活はまもなく!西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』シネマティックトレイラー公開

  3. 『Atomic Heart』コンソール版にはすべて規制適用・PC版は無規制―パブリッシャーより正式回答

    『Atomic Heart』コンソール版にはすべて規制適用・PC版は無規制―パブリッシャーより正式回答

  4. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  5. オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

  6. “縦の世界”を冒険する採掘・防衛ACT『Wall World』Steamで体験版配信―どこまでも続く「壁世界」の大いなる謎を解き明かせ

  7. 名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』18禁版が3月31日復刻配信決定!Win版を最新OSに対応

  8. 『ウィッチャー3』安定性やパフォーマンス改善のパッチ配信―特定シーンでのクラッシュやクエストが進行できなくなる問題への対処など

  9. 深淵の闇が待つ漁船サバイバルADV『DREDGE』3月30日発売決定トレイラー公開―日本語対応予定

  10. ドワーフ採掘Co-opシューター『Deep Rock Galactic』5周年!リリース当時の環境で遊べるオプション含む記念イベント開催へ

アクセスランキングをもっと見る

page top