CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」

PC Windows


これまで第二次世界大戦を舞台にしてきたCoDシリーズに、新たに現代戦を導入し成功へと至ったCall of Duty 4: Modern Warfare。しかしパブリッシャーのActvisionは、Call of Duty 4を現代戦にするのに強く反対していたようです。

海外誌OPMのインタビューに応えたInfinity WardのVince Zampella氏は、以下のように話しています。
“我々はCall of Duty 2を、第二次大戦にしたくありませんでした。ただ、Activisionはそれを望んでおり、妥協案として、第二次大戦ゲームをつくるかわりに、コンソール用の開発キットを受け取りました。我々は常にコンソールでの開発を望んでいましたが、Activisionは我々を多くのPCデベロッパーのひとつとみなしていたのです。さらにActivisionは、現代戦も望んでおらず、開発はリスキーであると考えていました。彼らは我々が間違っていると証明するために、市場調査まで行っていました。我々はすべてのために闘わなければなりませんでした。”

結果的にCoD4は大成功を収め、続編までつくられることになり、Infinity Wardは自らの正当性を証明しました。Call of Duty: Modern Warfare 2は11月10日発売、日本でも、スクウェア・エニックスより12月10日に発売となります。(ソース: CVG: Activision "didn't want Modern Warfare")


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

    自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  2. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  3. 『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

    『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

  4. 『マーベル VS.カプコン:インフィニット』に「スパイダーマン」「フランク・ウェスト」ら4キャラ参戦!

  5. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  6. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  7. カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

  8. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  9. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  10. サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

アクセスランキングをもっと見る

page top