『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制

テロリストによる民間人殺戮シーンを描いた“No Russian”ミッションの問題を受け、ロシアでModern Warfare 2 がリコールになったそうです。リコールの対象となったのは家庭用版のコピーで、ロシアの小売店全店から回収されることに。

PC Windows
テロリストによる民間人殺戮シーンを描いた“No Russian”ミッションの問題を受け、ロシアでCall of Duty: Modern Warfare 2がリコールになったそうです。

リコールの対象となったのは家庭用版のパッケージで、ロシアの小売店全店から回収されることに。現在ロシア政府が審理をしており、問題のミッションがゲームから完全に取り除かれた状態で1ヶ月以内に再リリースされる見通しです。また、PCのリテール版やSteam版には、ミッションを削除する公式パッチがリリースされているとのこと。

海外サイトの報道によると、ロシアの一部ゲームメディアや政治家は、“No Russian”ミッションの描写やロシア人テロリストが登場するゲームのストーリーに対して、「他国の文化を軽視している」などと異論を唱えているそうですが、同国のゲーマーの間では、ミッションが規制されていない北米版を輸入する動きも出ているということです。

尚、“No Russian”ミッションは規制の厳しいドイツオーストラリアでも変更が加えられています。(ソース: Hellforge: Console Versions of Modern Warfare 2 Banned in Russia via QJ.NET)


【関連記事】
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
Heavy Rain開発者、『Modern Warfare 2』の空港襲撃シーンに対する一連の騒動に苦言
『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも
Activision:『Modern Warfare 2』のテロリスト動画は本物、スキップの選択肢も用意
テロリストとなって空港を襲撃する『Modern Warfare 2』のゲームプレイ映像が流出!?
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『Skryim』“真の美しい”ドラゴンと間近で戦闘可能なMOD登場―16K解像度で描写

    『Skryim』“真の美しい”ドラゴンと間近で戦闘可能なMOD登場―16K解像度で描写

  2. 圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

    圧倒的ハイクオリティ!「ホロライブ」非公式ファンゲーム『ホロキュア』無料リリース

  3. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

    【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  4. SFオープンワールドRPG『幻塔』Steamページ公開!アニメ調キャラで描かれるサイバーパンク風世界

  5. 人気漫画「五等分の花嫁」の世界を主人公の目線で体験!公式VRアドベンチャー2022年夏リリース

  6. 新たな敵・マップ、ストーリーの最終章…新コンテンツ盛りだくさんで漂流サバイバル『Raft』ついに正式リリース!

  7. イカダサバイバル『Raft』同接プレイヤー数10万人突破!正式リリースに加えサマーセールが後押しか

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の「メル・ゼナ」をどうしても倒したい人向け!ちょっと楽になる攻略チャート解説

  9. 不条理の激流に身を任せろ!『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』が現代のADVファンを飲み込む理由

  10. 対応ハードは最新機&PCのみか?『スカル アンド ボーンズ』が米レーティングESRBの審査を通過

アクセスランキングをもっと見る

page top