Activision: ロシアでの『Modern Warfare 2』リコール報道は誤り | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision: ロシアでの『Modern Warfare 2』リコール報道は誤り

PC Windows

テロリストの民間人殺戮シーンが問題になり、ロシア国内でCall of Duty: Modern Warfare 2がリコールになったとお伝えしましたが、Activisionがこの報道を否定する声明を発表しています。

当初海外サイトの報道では家庭用版のパッケージがリコールの対象になったと言われていましたが、Activisionの声明によると、今のところロシアではPC版だけしかリリースされていないそうです。しかし、問題の空港襲撃シーンが規制されたという情報は事実で、既にパッチがリリースされているとのこと。

尚、ロシアにおけるXbox 360とPS3版のリリース時期は明らかになっていません。(ソース: G4tv: Activision Confirms Modern Warfare 2 Not Banned In Russia)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制
PC版『Modern Warfare 2』開発者コンソールにて新たなマルチプレイモードが発見される
PC版『Modern Warfare 2』でデディケイテッドサーバーを立てる方法が発見される!?
Heavy Rain開発者、『Modern Warfare 2』の空港襲撃シーンに対する一連の騒動に苦言
海外レビューハイスコア 『Call of Duty: Modern Warfare 2』
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

    ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

  2. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

    『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  3. 『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

    『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

  4. 国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

  5. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  6. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  9. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  10. 『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

アクセスランキングをもっと見る

page top