『Modern Warfare 2』の脚本家が自ら語る、空港襲撃シーンを採用した理由 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』の脚本家が自ら語る、空港襲撃シーンを採用した理由

PC Windows

プレイヤーがテロリストになって民間人を襲撃するというショッキングな内容で、ゲーマーや関係者の間で様々な議論を呼び、ロシアではシーン全体がカットされるなど社会的問題まで引き起こしたCall of Duty: Modern Warfare 2の空港ステージ。

Infinity Wardの脚本家でModern Warfare 2のストーリーを手掛けたJesse Stern氏が、問題のシーンを採用した経緯や理由をGameProの独占インタビューで打ち明けています。

“このシーンを初めてテストした時、それは興味深いものでした。何度もテストを行っていたSteve Mancudaは、これを見た人が怒ったり悲しんだりゾッとして一体何が起こっているのか驚くはずだと言いました。しかし、そのシーンを体験してしばらく時間が過ぎた後、プレイヤーはそれがビデオゲームであることを思い出し、あまり気にしなくなります。テストを行った全員が、人間の習性からか民間人に向かって発砲しました。それはとても現実的に感じられると同時にビデオゲームであり、心を引きつける力を持っています。このような深い感情をビデオゲームからから引き起こせるとは知りませんでしたが、可能だったのです。

人々がこのシーンを単純化したり単なる残虐なシーケンスとして見ないことを願います。我々はこのシーンを慎重に扱い、根拠のないものにならないよう最善を尽くしてきました。その目的は彼を本当に憎んでもらうためであり、ゲームの中で事件が勃発する瞬間でもあります。ゲームは5年後の未来、世界のあちこちで紛争が起こる超現実的な設定ですが、ストーリーが現実世界を描いたものではないのは明白です。Modern Warfare 2の中で起こる戦争は現実には存在しないのです。

ゲーム開発者が何かに挑戦しなければならないという教訓を学ぶように願っています。時には危険を冒してでも枝の先まで行かねばならないのです。本作は最高の収益を上げたトリプルA級のゲームで巨額の予算が注ぎ込まれていますが、それでも我々は大きなチャンスを生かすために、リスクを承知であの空港ステージを採用したのです。大きなリスクを負って時にうまくいくこともあれば、失敗してしまうこともあります。しかし、あなたがチャンスを生かさない限り、新しいものを作ることはできないでしょう。”


余談ですがJesse Stern氏は同じインタビューの中で、ゾンビやエイリアンが登場する脚本も当初検討していたと語っています。(ソース&イメージ: GamePro via )


【関連記事】
『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制
暴力ゲームに対するメディアの報道にRockstarがコメント、『GTA V』も計画段階に
Heavy Rain開発者、『Modern Warfare 2』の空港襲撃シーンに対する一連の騒動に苦言
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも
Activision:『Modern Warfare 2』のテロリスト動画は本物、スキップの選択肢も用意
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

    自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  4. 『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

  5. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  6. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  7. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  8. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  9. サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

  10. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

page top