元Blizzardのベテランが新スタジオを設立、「ゲーム機用のMMOゾンビゲーム」発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元Blizzardのベテランが新スタジオを設立、「ゲーム機用のMMOゾンビゲーム」発表

ニュース 最新ニュース

開発スタジオのUndead Labsが、コンソール向けのMMOゾンビゲームの開発を発表しています。Undead Labsは、BlizzardでDiabloやStarCraftなどに関わったJeff Strain氏が設立した新スタジオ。設立の動機として「大規模多人数参加型のゲーム機用オンライン・ゾンビ・ゲーム(MMOZ)」の制作が掲げられています。

Blizzard、NCsoftを経て新たにUndead Labsを設立したJeff Strain氏は、Developのインタビューに応え、ゾンビにフォーカスした理由として「特にゲームカルチャーにおいて、罪の意識を感じさせないミート・パペットが必要とされており、ゾンビがその条件を満たしている」と話しています。

また、ゲーム機でのMMOを「エキサイティングなニューフロンティア」であると話す氏は、ここ数年、多くのスタジオがコンソールでのMMO展開を検討していながらも、PCでのユーザーベースを失うことへの恐れがあり、それを回避するためにPCとコンソールのマルチにすれば、両方で同じサービスを行うことが極めて困難という状況を説明。既に多くのプレイヤーを持つMMOではPCからコンソールへのシフトは困難、それなら始めからコンソール専用でつくろうということで、コンソール向けの新作MMOをつくるという挑戦に至ったようです。

公式サイトでは、一部の内容を日本語で知ることができ、ここでは、ゾンビにこだわる理由として「ゾンビ・ゲームが恐怖とユーモアの完璧な融合であり、崩壊後の社会を舞台にしたサバイバルゲームファンの空想を実現することは、胸躍る仕事だから」、ゲーム機にこだわる理由として「私たちがゲーム機を愛しているから、そして、世の中はゲーム機用の優れたMMOを求めているから」と説明されています。

また、「Undead Labのゲームは、すべて全面的に翻訳されて、アメリカ・アジア・ヨーロッパのゲーマーもサポート対象になります」との説明もあり、(日本を含む)グローバルな展開が期待されます。

MMOのベテランとゾンビ好きの開発者たちによる、ゲーム機用のMMOゾンビゲーム。具体的な内容が明らかになり次第、またお伝えしたいと思います。(ソース: Undead Labs.com, Develop)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る

    『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る

  2. スイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』が2017年8月25日に発売決定!

    スイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』が2017年8月25日に発売決定!

  3. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

    あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  4. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  5. CDPRが2017年Q1業績を報告、『ウィッチャー3』収益は前年比よりも上昇―『Cyberpunk 2077』プロモ計画も

  6. バーテンダーADV『VA-11 HALL-A』待望の日本語化、PS Vita版の出来栄えは?

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 噂: Steamサマーセール2017は6月下旬からスタートか

  9. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  10. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

アクセスランキングをもっと見る

page top