Treyarchが開発する『Call of Duty』次回作の舞台は現代戦ではない? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Treyarchが開発する『Call of Duty』次回作の舞台は現代戦ではない?

Call of Duty: World at Warを手掛けたTreyarchが開発すると噂されるCall of Dutyシリーズ第7弾。同スタジオが最近掲載した求人情報によると、最新作の舞台は現代戦ではなく過去を描くものになるかもしれません。

PC Windows
Call of Duty: World at Warを手掛けたTreyarchが開発すると噂されるCall of Dutyシリーズ第7弾。同スタジオが最近掲載した求人情報によると、最新作の舞台は現代戦ではなく過去を描くものになるかもしれません。

レベルデザイナー募集の応募資格には、「ステージの風景や歴史上の題材を調査できる」との記載が。情報はたったこれだけですが、“歴史”という言葉が使われていることから、前作World at Warのように過去の戦争がテーマになると予想する声が出ています。

Infinity WardがModern Warfare 2なら、Treyarchの新作はWorld at War 2になったりするのでしょうか。2010年のリリースが計画されている今作、正式発表の日もそう遠くないはずです。(ソース: Destructoid)


※誤字を修正しました。asadaさんご指摘ありがとうございます。

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
Infinity Ward、Treyarchに続く第3のデベロッパーが『Call of Duty』新作を開発中?
『Call of Duty 7』はやはりTreyarchが開発中? アニメーターがプロフィール上でポロリ
『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂
Activision、『Call of Duty』や『Guitar Hero』などのシリーズ新作を2010年に発売
2003年に誕生した『Call of Duty』がシリーズ累計5,500万本を記録!
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

    モンハン風Co-opアクションRPG『Dauntless』基本プレイ無料で正式サービスが開始!クロスプレイにも対応【UPDATE】

  2. 協力プレイ対応ローグライクACT『Risk of Rain 2』日本語を含む10言語に対応!

    協力プレイ対応ローグライクACT『Risk of Rain 2』日本語を含む10言語に対応!

  3. ミニゲーム盛りだくさんコミカルADV『Otaku's Adventure』Steam配信開始―彼女いない歴18年、オタク少年の悲願はなるか

    ミニゲーム盛りだくさんコミカルADV『Otaku's Adventure』Steam配信開始―彼女いない歴18年、オタク少年の悲願はなるか

  4. 『World War Z』開発元、Valveに『Half-Life 2』のリメイク版制作を打診していた

  5. Steam版『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』日本語対応で配信開始

  6. 外骨格アクション『The Surge 2』Steamストアページ公開!日本語対応も記載

  7. 人工知能の視点で謎を解き明かす新作SFスリラー『Observation』配信開始!

  8. 高速アーケードACT『Hell is Other Demons』Steam版リリース―地獄で弾幕をかいくぐれ

  9. 新作アクションADV『A Plague Tale: Innocence』プレイレポート!怖すぎる中世フランスで描かれる少年少女の逃避行

  10. TPS化したローグライクACT『Risk of Rain 2』Steam早期アクセス開始!3月31日早朝までの購入でギフト用本体も追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top