『Aliens vs. Predator』が豪州で再審査を通過。修正は一切なし | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Aliens vs. Predator』が豪州で再審査を通過。修正は一切なし

露骨な暴力描写を要因に、オーストラリアでレーティング審査を拒否され、発売禁止扱いになっていたAliens vs. Predator。パブリッシャーのSegaが再審査を要求したと今週お伝えしましたが、なんと今度はMA15+の審査をあっさりと通過してしまったそうです。

PC Windows
露骨な暴力描写を要因に、オーストラリアでレーティング審査を拒否され、発売禁止扱いになっていたAliens vs. Predator。パブリッシャーのSegaが同国の審査機関に再審査を要求したと今週お伝えしましたが、なんと今度はMA15+(15歳未満販売禁止)の審査をあっさりと通過したそうです。

「これはオーストラリアのゲーマーにとって大きな勝利です」とSEGA AustraliaのディレクターDarren Macbeth氏。なんと今回、修正やカットは一切なしのオリジナル版のまま審査が通ったとのことで感激のコメントを発表しています。

メーカーや同国のゲーマーにとっては非常に喜ばしいニュースのはずですが、過去に大幅な表現規制を受けたタイトルがあるだけに、なぜ修正なしで審査を通過できたのか、その詳しい理由も気になるとことです。(ソース: IGN: AU: Aliens vs. Predator Ban Overturned)


【関連記事】
SEGA、発売禁止処分を受けた『Aliens vs. Predator』の再審査を要求
AvP発売禁止の豪州、司法長官「人を突き刺すゲームをする必要はない」
『Aliens Vs Predator』のRebellionが豪州版発売禁止の処分に対し苦言
露骨なダメージ表現…『Aliens Vs Predator』がオーストラリアでも発売禁止に
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
オーストラリア政府、R18+レーティングの必要性について国民から意見を公募
God of War生みの親David Jaffe、暴力ゲーム規制や自身の新作について発言
《Rio Tani》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

PC アクセスランキング

  1. Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

    Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

  2. 『Iron Harvest』『LIMBO』『Gang Beasts』などが対象に! ゲームサブスク「Xbox Game Pass」6月後半提供予定作品が告知

    『Iron Harvest』『LIMBO』『Gang Beasts』などが対象に! ゲームサブスク「Xbox Game Pass」6月後半提供予定作品が告知

  3. リアル系FPSシリーズ1作目『Arma: Cold War Assault』が6月25日午前3時まで無料配布中!

    リアル系FPSシリーズ1作目『Arma: Cold War Assault』が6月25日午前3時まで無料配布中!

  4. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正―未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

  5. サマーセールの開催近づく!Steamのデータベースにミステリーカードが登録

  6. 『原神』新★5キャラ「楓原万葉」の詳細公開!一人称の「拙者」や語尾の「ござる」など、その姿は“いかにもな武士”

  7. 映画「エイリアン」原作3人Co-opTPS『Aliens: Fireteam』改め『Aliens: Fireteam Elite』海外8月24日発売決定―予約購入受付中

  8. 他人のプロフ画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

  9. ハードコア協力FPS『GTFO』正式リリースに向けた最新ランダウン「Rebirth://EXTENDED」が配信開始!

  10. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

アクセスランキングをもっと見る

page top