『Aliens vs. Predator』が豪州で再審査を通過。修正は一切なし | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Aliens vs. Predator』が豪州で再審査を通過。修正は一切なし

露骨な暴力描写を要因に、オーストラリアでレーティング審査を拒否され、発売禁止扱いになっていたAliens vs. Predator。パブリッシャーのSegaが再審査を要求したと今週お伝えしましたが、なんと今度はMA15+の審査をあっさりと通過してしまったそうです。

PC Windows
露骨な暴力描写を要因に、オーストラリアでレーティング審査を拒否され、発売禁止扱いになっていたAliens vs. Predator。パブリッシャーのSegaが同国の審査機関に再審査を要求したと今週お伝えしましたが、なんと今度はMA15+(15歳未満販売禁止)の審査をあっさりと通過したそうです。

「これはオーストラリアのゲーマーにとって大きな勝利です」とSEGA AustraliaのディレクターDarren Macbeth氏。なんと今回、修正やカットは一切なしのオリジナル版のまま審査が通ったとのことで感激のコメントを発表しています。

メーカーや同国のゲーマーにとっては非常に喜ばしいニュースのはずですが、過去に大幅な表現規制を受けたタイトルがあるだけに、なぜ修正なしで審査を通過できたのか、その詳しい理由も気になるとことです。(ソース: IGN: AU: Aliens vs. Predator Ban Overturned)


【関連記事】
SEGA、発売禁止処分を受けた『Aliens vs. Predator』の再審査を要求
AvP発売禁止の豪州、司法長官「人を突き刺すゲームをする必要はない」
『Aliens Vs Predator』のRebellionが豪州版発売禁止の処分に対し苦言
露骨なダメージ表現…『Aliens Vs Predator』がオーストラリアでも発売禁止に
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
オーストラリア政府、R18+レーティングの必要性について国民から意見を公募
God of War生みの親David Jaffe、暴力ゲーム規制や自身の新作について発言
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

    『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

  2. 初代『MGS』ライクな俯瞰視点ステルスアクション『UNDETECTED』リリース―痕跡を残すことなく仲間を救い出せ!

    初代『MGS』ライクな俯瞰視点ステルスアクション『UNDETECTED』リリース―痕跡を残すことなく仲間を救い出せ!

  3. オープンワールドのアクションローグライト『Ravenbound』16分ゲームプレイ紹介映像!

    オープンワールドのアクションローグライト『Ravenbound』16分ゲームプレイ紹介映像!

  4. 『オーバーウォッチ2』新規アカウントで初代の全ヒーローを解放するには約100試合必要と長い道のり

  5. 『サイバーパンク2077』夢の超解像技術で逆方向に大変身!ボケボケでプレイする近未来都市

  6. ウクライナ侵攻での実際の出来事と証言に基づく完全無料ADV『Ukraine War Stories』は現地10月18日配信

  7. 宇宙版タルコフと注目される略奪PvPvEシューター『Marauders』早期アクセス開始日決定!

  8. 『サイバーパンク2077』が売上2,000万本突破!ナイトシティに吹いた「新しく、懐かしい風」

  9. "市場最速のSSD"でオープンワールドゲームのロード時間を計測!「WD_BLACK SN850X NVMe SSD」でいろいろな遅刻を回避した

  10. 無料で遊べる“精神拷問装置”!嫌がらせ謎解きADV『Crypt』Steam版リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top