英Guardian紙コラム「レイプゲームはアートではない。過激なポルノだ」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英Guardian紙コラム「レイプゲームはアートではない。過激なポルノだ」

英ガーディアン紙のウェブ版で、女性への性的暴力を描いた日本の成人ゲームを批判するコラムが掲載されています。このコラムはあのレイプレイ事件でも抗議活動を行った国際人権団体Equality Nowに所属するメンバーが投書しています。

ニュース 最新ニュース
英ガーディアン紙のウェブ版で、女性への性的暴力を描いた日本の成人ゲームを批判するコラムが掲載されています。

このコラムを投書したJaqueline Hunt氏は、あのレイプレイ事件でも抗議活動を行い日本政府やアダルトゲーム業界に規制を働きかけたことで知られる、国際人権団体Equality Nowに所属するメンバーの一人。「暴力やアダルトのテーマを持ったビデオゲームに寛大になるべき」とする別のコラムに対して反論を繰り広げる内容となっています。

以下、コラムの一部を抜粋。

“私たちが実施した国際的キャンペーンでは、女性や少女への性的暴力を促進するゲームの販売を禁止するよう日本政府に呼びかけましたが、そうしたゲームのファンは激怒しました。彼らは他にもっと激しい描写のゲームがあるのになぜレイプレイだけをターゲットにするのかを聞いてきました。日本には、“Hentai”として知られるあらゆるジャンルの過激なポルノがアニメ、コミック、ビデオゲームにおいて存在し、女性や幼い少女がストーキングや性的虐待を受けたり輪姦されるイメージが含まれています。”

(中略)

“もしレイプレイのようなゲームがアートして分類されるなら、女性への性的暴力を描くビデオゲームは人気メディアとして正常化され、私たちが今後気にする必要もなくなってしまうかもしれません。Grand Theft Autoの中で娼婦を殺すことが、売春を行う女性の権利が一般的に低いことをゲーマーに再認識させるでしょうか?”


Hunt氏は、Equality Nowのレイプレイ抗議キャンペーンに対し、世界中のゲームファンから数百の抗議メールが届いたと明かしていますが、若い女性への性的な暴力事件が現実に報告されている中で、そうした表現を持つゲームに対立する姿勢は今も変わらないようです。

このコラムには500件を超えるコメントが投稿されており、様々な視点から激しい議論が繰り広げられています。(ソース: The Guardian: These videogames are not art. They are extreme pornography)


【関連記事】
「自国のゲームで遊んでください」日本の18禁ゲームメーカーが海外からのアクセスを制限
イギリスの議員が、アマゾンで売られる日本の18禁ゲーム『レイプレイ』を国会で追及
ストックホルム症候群を題材にしたインタラクティブゲームに女性団体が抗議
「ブタ企業」呼ばわりした暴力規制団体の女性に、Electronic Artsが謝罪を要求
オーストラリア政府、R18+レーティングの必要性について国民から意見を公募
所持しているだけで犯罪に、ブラジルの議員が暴力ゲームを淘汰する法案を提出
「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

    トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

  2. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

    (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  5. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  6. EA「ロード・オブ・ザ・リング」モバイルゲーム制作発表―中つ国を舞台にした基本プレイ無料対戦型RPG

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  9. 『PUBG』の10代プレイヤーが家族4人を射殺―「ゲームのように復活すると思った」

  10. 惑星の権力と陰謀に立ち向かうメカSRPG『Zecha Tactics』発表!メカデザインはNHK「ビットワールド」メカ担当のミズノシンヤ氏

アクセスランキングをもっと見る

page top