和田社長: 『ファイナルファンタジー』が海外で開発される可能性はある | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

和田社長: 『ファイナルファンタジー』が海外で開発される可能性はある

買収したEidosと共同制作プロジェクトにも着手したというスクウェア・エニックスですが、代表取締役社長の和田洋一氏は、あのファイナルファンタジーシリーズが海外で開発される可能性を示唆しました。

ニュース 最新ニュース
買収したEidosと共同制作プロジェクトにも着手したというスクウェア・エニックスですが、代表取締役社長の和田洋一氏は、ファイナルファンタジーシリーズが海外で開発される可能性を示唆しました。

EdgeのインタビューでFFシリーズの海外開発について質問された和田社長は、「日本の開発者の監督の下で、海外のスタジオがファイナルファンタジーを開発する可能性は常にあります」と発言。今後完全に海外開発にシフトするようなことはないものの、可能な道筋の一つだと説明しています。

コナミのサイレントヒルやカプコンのDead Risingなど既に海外制作が実現している例もありますが、超メジャーな国産タイトルのファイナルファンタジーが海外で制作される日は果たして来るのでしょうか。あのGRINが開発していたというFortressの行方も気になるところです。(ソース: Play.tm: Final Fantasy could be developed outside Japan)


【関連記事】
ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない?
スクウェア・エニックス、Eidos開発の『Deus Ex 3』でCGIシネマティックを制作
「FFシリーズは使い古されない」−スクウェア・エニックス和田社長
スクウェア・エニックスとEidosが初の共同制作プロジェクトに着手
スクウェア・エニックス「将来のFFプロジェクトは開発期間が短くなる」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

    PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

  2. 荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

    荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

  3. 『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

    『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

  4. 『FF7 REMAKE』ストーリーやバトルシステムに関する基本情報が公開!コマンド×アクションの融合による戦略性の高い戦闘が展開

  5. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  6. 大人気ホラーサバイバル『Dead by Daylight』2019年内にモバイル版の全世界リリースが決定!日本向けの特別トレイラーも

  7. 宇宙戦闘交易ADV続編『Rebel Galaxy Outlaw』発表!マイシップの3Dプリントモデル購入も可能

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. オープンワールドRPG『NEW LIFE』3月からSteam早期アクセス配信!―違法・合法なお仕事で送る新たな人生

  10. 『FINAL FANTASY VIII Remastered』発表!PS4/XB1/スイッチ/PC向けに2019年配信予定【E3 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top