CES 2010: Microsoft幹部、家庭用3D技術にはいささか懐疑的 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CES 2010: Microsoft幹部、家庭用3D技術にはいささか懐疑的

CES 2010(Consumer Electronics Show)ではSonyをはじめとする大手家電メーカーから発表が相次いだ“3Dテレビ”ですが、MicrosoftのプロダクトマネージメントディレクターであるAaron Greenberg氏は家庭用3D技術対していささか懐疑的であるようです。

ニュース 最新ニュース
CES 2010(Consumer Electronics Show)ではSonyをはじめとする大手家電メーカーから発表が相次いだ“3Dテレビ”ですが、MicrosoftのプロダクトマネージメントディレクターであるAaron Greenberg氏は家庭用3D技術に対していささか懐疑的であるようです。
「映画館では素晴らしい3D技術ですが、リビングルームではどうでしょうか?(中略)映画館の場合あなたの3D体験を遮るものはありませんが、リビングルームの場合は他の人や通り過ぎる人達がいるため、映画館と同じ体験をすることはできません」
Greenberg氏は上記のように家庭では映画館のような3D体験はできないと主張。また他にも専用のメガネが必要であることなどが潜在的なハードルになると指摘し、家庭用3D技術が広く普及するには長い時間がかかかるだろうと結論付けています。

しかしながらGreenberg氏は「ユーザーが望むのであればそれは結構なことだと思う」と付け加えており、家庭用3D技術を完全に否定しているわけではなさそうです。
(ソース: Destructoid)

UPDATE (2010/1/9 15:00): ソースの原文に合わせて記事の内容を一部修正しました。


【関連記事】
3D対応のアクションシューティング『Avatar: The Game』プレイ動画が公開
迫力ある映像を体感!『Avatar: The Game』は原作映画と同じく3D映像に対応
PSPで3D映像体験!? どんなゲームにも使えるデバイス「V-Screen」
『バイオハザード5』PC版の発売が決定!NVIDIAの3Dビジョンゴーグルに対応
噂のXboxは新型ではなく新デザイン? 次世代XBOXは3Dテレビが普及してから…?
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す

    マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す

  2. 女性ロボがフランス革命を戦う新作アクション『Steelrising』発表! ルイ16世のロボ軍団に立ち向かえ

    女性ロボがフランス革命を戦う新作アクション『Steelrising』発表! ルイ16世のロボ軍団に立ち向かえ

  3. オープンワールドドライブシリーズ最新作『Test Drive Unlimited Solar Crown』発表―Steamストアページも公開【UPDATE】

    オープンワールドドライブシリーズ最新作『Test Drive Unlimited Solar Crown』発表―Steamストアページも公開【UPDATE】

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』続編のローカライズ音声収録完了に関する報道は「早とちり」―インタビュー発信元が声明

  5. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

  6. 名作RPGリマスター『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning』現地9月8日発売!新DLCの情報も

  7. 人狼ARPG『Werewolf: The Apocalypse - Earthblood』ゲームプレイトレイラー公開―発売は2021年2月4日

  8. 『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

  9. 『スプリンターセル』元クリエイティブディレクターでもあるユービーアイ重役がセクハラや暴行を告発され辞任

  10. 勘違い日本風レースゲーム『ニッポンマラソン』国内PS4/スイッチ版配信決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top