CES 2010: Microsoft幹部、家庭用3D技術にはいささか懐疑的 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CES 2010: Microsoft幹部、家庭用3D技術にはいささか懐疑的

CES 2010(Consumer Electronics Show)ではSonyをはじめとする大手家電メーカーから発表が相次いだ“3Dテレビ”ですが、MicrosoftのプロダクトマネージメントディレクターであるAaron Greenberg氏は家庭用3D技術対していささか懐疑的であるようです。

ニュース 最新ニュース
CES 2010(Consumer Electronics Show)ではSonyをはじめとする大手家電メーカーから発表が相次いだ“3Dテレビ”ですが、MicrosoftのプロダクトマネージメントディレクターであるAaron Greenberg氏は家庭用3D技術に対していささか懐疑的であるようです。
「映画館では素晴らしい3D技術ですが、リビングルームではどうでしょうか?(中略)映画館の場合あなたの3D体験を遮るものはありませんが、リビングルームの場合は他の人や通り過ぎる人達がいるため、映画館と同じ体験をすることはできません」
Greenberg氏は上記のように家庭では映画館のような3D体験はできないと主張。また他にも専用のメガネが必要であることなどが潜在的なハードルになると指摘し、家庭用3D技術が広く普及するには長い時間がかかかるだろうと結論付けています。

しかしながらGreenberg氏は「ユーザーが望むのであればそれは結構なことだと思う」と付け加えており、家庭用3D技術を完全に否定しているわけではなさそうです。
(ソース: Destructoid)

UPDATE (2010/1/9 15:00): ソースの原文に合わせて記事の内容を一部修正しました。


【関連記事】
3D対応のアクションシューティング『Avatar: The Game』プレイ動画が公開
迫力ある映像を体感!『Avatar: The Game』は原作映画と同じく3D映像に対応
PSPで3D映像体験!? どんなゲームにも使えるデバイス「V-Screen」
『バイオハザード5』PC版の発売が決定!NVIDIAの3Dビジョンゴーグルに対応
噂のXboxは新型ではなく新デザイン? 次世代XBOXは3Dテレビが普及してから…?
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

    「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  2. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

    三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  3. ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

    ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

  4. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  8. モンハン風Co-opアクション『Dauntless』PS4/XB1/スイッチ/モバイル向けにもリリースへ【TGA2018】

  9. 「ドクター・フー」VRゲーム『Doctor Who: The Edge Of Time』発表―あの"嘆きの天使"も…?

  10. F1公式ゲーム最新作『F1 2019』PS4/XB1/PC向けに6月28日より海外リリース決定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top