コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない”

家庭用ゲーム Xbox360

Castlevania: Lords of Shadowでプロデューサーをつとめる、コナミのDave Cox氏が、海外サイトVG247のインタビューに応え、コンソール比較について言及しています。本作はPS3とXbox 360で発売されますが、そういったマルチプラットフォーム作品で起こるコンソール比較について“bollocks(=ナンセンス, くだらない)”とコメントしています。以下関連部分をインタビューから引用。

“マルチフォーマットでのゲーム開発は、始まりから既に、特定の部分で妥協を余儀なくされます。特定フォーマット向けのゲームを見るとき、その品質、特に映像部に関して、明らかな違いを見るでしょう。両方のプラットフォームには、そのプラットフォームのアドバンテージを最初から最後まで、最大限利用できるフラッグシップ・ゲームがあります。しかしそれは市場が制限されるというリスクでもあります。

我々は、このゲームがマルチプラットフォームになり、それぞれの機種で強みと弱みを持つことになると分かっています。PS3をリードプラットフォームとすることで、両方のプラットフォームで同一に見えるゲームを開発し易くなると考えました。どちらも劣っていない、というのは私にとって非常に重要です。

Xbox 360のために開発しPS3に移植する、あるいはPS3のために開発しXbox 360へ移植する、ということをすれば、一方で素晴らしくなり、もう一方がひどい出来で終わってしまうでしょう。これは、一方のコンソールがもう一方より優れているという話ではありません。この議論は、率直にいってナンセンスです。両機種ともに良くなることを目指すのがベストであり、プレイして何も気にならないような開発はチャレンジングとなるでしょう。”


「Xbox 360のために開発しPS3に移植 or PS3のために開発しXbox 360へ移植」されたどちらかの機種の作品が(特に映像部で)劣る、というのはときおり見られますが、その優劣を「コンソール自体の比較」とするのは「ナンセンス」とする氏。マルチプラットフォームでの開発は妥協を余儀なくされる、としつつも、両機種で同一に見えるゲームの開発をすることが重要である、としています。(ソース: VG247: Cox – Console comparisons are “bollocks”)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  2. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

    ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  3. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

    『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  4. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  5. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  9. 『CoD: WWII』新DLC“United Front”海外向け発表!スターリングラードなどが追加に

  10. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top