コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない”

家庭用ゲーム Xbox360

Castlevania: Lords of Shadowでプロデューサーをつとめる、コナミのDave Cox氏が、海外サイトVG247のインタビューに応え、コンソール比較について言及しています。本作はPS3とXbox 360で発売されますが、そういったマルチプラットフォーム作品で起こるコンソール比較について“bollocks(=ナンセンス, くだらない)”とコメントしています。以下関連部分をインタビューから引用。

“マルチフォーマットでのゲーム開発は、始まりから既に、特定の部分で妥協を余儀なくされます。特定フォーマット向けのゲームを見るとき、その品質、特に映像部に関して、明らかな違いを見るでしょう。両方のプラットフォームには、そのプラットフォームのアドバンテージを最初から最後まで、最大限利用できるフラッグシップ・ゲームがあります。しかしそれは市場が制限されるというリスクでもあります。

我々は、このゲームがマルチプラットフォームになり、それぞれの機種で強みと弱みを持つことになると分かっています。PS3をリードプラットフォームとすることで、両方のプラットフォームで同一に見えるゲームを開発し易くなると考えました。どちらも劣っていない、というのは私にとって非常に重要です。

Xbox 360のために開発しPS3に移植する、あるいはPS3のために開発しXbox 360へ移植する、ということをすれば、一方で素晴らしくなり、もう一方がひどい出来で終わってしまうでしょう。これは、一方のコンソールがもう一方より優れているという話ではありません。この議論は、率直にいってナンセンスです。両機種ともに良くなることを目指すのがベストであり、プレイして何も気にならないような開発はチャレンジングとなるでしょう。”


「Xbox 360のために開発しPS3に移植 or PS3のために開発しXbox 360へ移植」されたどちらかの機種の作品が(特に映像部で)劣る、というのはときおり見られますが、その優劣を「コンソール自体の比較」とするのは「ナンセンス」とする氏。マルチプラットフォームでの開発は妥協を余儀なくされる、としつつも、両機種で同一に見えるゲームの開発をすることが重要である、としています。(ソース: VG247: Cox – Console comparisons are “bollocks”)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『仁王』のダウンロードセールが開始!―「東北の龍」を紹介する特別番組も放送決定

    PS4『仁王』のダウンロードセールが開始!―「東北の龍」を紹介する特別番組も放送決定

  2. PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

    PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

  3. 1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

    1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

  4. 『Gears of War 4』約10分間のゲームプレイ映像!―回転ノコギリを射出する武器がイカス…

  5. 【プレイレポ】『みんなでワイワイ!スペランカー』伝説のゲームがニンテンドースイッチに登場!仲間との協力が最高に盛り上がる

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』ローンチトレイラー―新たな恐怖に備えよ!

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』のフルトレイラーが遂に公開!―PS4/XB1/PCで11月発売【UPDATE】

  8. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  9. ネタバレ注意!『デッドライジング 4』の新DLC情報が公開―フランクさんが…

  10. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top