コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミのDave Cox氏:コンソール比較は“ナンセンス, くだらない”

家庭用ゲーム Xbox360

Castlevania: Lords of Shadowでプロデューサーをつとめる、コナミのDave Cox氏が、海外サイトVG247のインタビューに応え、コンソール比較について言及しています。本作はPS3とXbox 360で発売されますが、そういったマルチプラットフォーム作品で起こるコンソール比較について“bollocks(=ナンセンス, くだらない)”とコメントしています。以下関連部分をインタビューから引用。

“マルチフォーマットでのゲーム開発は、始まりから既に、特定の部分で妥協を余儀なくされます。特定フォーマット向けのゲームを見るとき、その品質、特に映像部に関して、明らかな違いを見るでしょう。両方のプラットフォームには、そのプラットフォームのアドバンテージを最初から最後まで、最大限利用できるフラッグシップ・ゲームがあります。しかしそれは市場が制限されるというリスクでもあります。

我々は、このゲームがマルチプラットフォームになり、それぞれの機種で強みと弱みを持つことになると分かっています。PS3をリードプラットフォームとすることで、両方のプラットフォームで同一に見えるゲームを開発し易くなると考えました。どちらも劣っていない、というのは私にとって非常に重要です。

Xbox 360のために開発しPS3に移植する、あるいはPS3のために開発しXbox 360へ移植する、ということをすれば、一方で素晴らしくなり、もう一方がひどい出来で終わってしまうでしょう。これは、一方のコンソールがもう一方より優れているという話ではありません。この議論は、率直にいってナンセンスです。両機種ともに良くなることを目指すのがベストであり、プレイして何も気にならないような開発はチャレンジングとなるでしょう。”


「Xbox 360のために開発しPS3に移植 or PS3のために開発しXbox 360へ移植」されたどちらかの機種の作品が(特に映像部で)劣る、というのはときおり見られますが、その優劣を「コンソール自体の比較」とするのは「ナンセンス」とする氏。マルチプラットフォームでの開発は妥協を余儀なくされる、としつつも、両機種で同一に見えるゲームの開発をすることが重要である、としています。(ソース: VG247: Cox – Console comparisons are “bollocks”)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオ7』後日譚「エンド オブ ゾイ」新映像―無料DLC「ノット ア ヒーロー」も間近!

    『バイオ7』後日譚「エンド オブ ゾイ」新映像―無料DLC「ノット ア ヒーロー」も間近!

  2. 『スーパーロボット大戦X』2018年3月29日発売!「ナディア」「ワタル」初参戦

    『スーパーロボット大戦X』2018年3月29日発売!「ナディア」「ワタル」初参戦

  3. アリカ新作格ゲー『FIGHTING EX LAYER』ベータ版がPS Plus向け配信―6キャラ使用可能

    アリカ新作格ゲー『FIGHTING EX LAYER』ベータ版がPS Plus向け配信―6キャラ使用可能

  4. 『スーパーロボット大戦 X』予約開始―早期購入で「サイバスター」が序盤から使用可能

  5. 『レインボーシックス シージ』新シーズンパス「YEAR 3 PASS」国内配信開始

  6. 『スーパーマリオ オデッセイ』“ジャンプ0回”でゲームクリアできるのか?その結果は……

  7. 人気バトロワ『PUBG』Xbox One版発売開始―君は生き残ることが出来るか

  8. LBP開発新作『Dreams』はゲームの皮をかぶった最強のクリエイティブツールだった!開発者セッションレポ【PSX】

  9. 恐怖の森サバイバル『The Forest』PS4版は2018年リリース!―トレイラーやプレイ映像も

  10. 『モンスターハンター:ワールド』新大陸のストーリーに迫る最新映像! ヴォルガノスやウラガンキンが登場─あのロックマンも!?

アクセスランキングをもっと見る

page top