『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟

ニュース 最新ニュース

Infinity Wardを設立した元幹部で、先日同スタジオを退社していたことが明らかになったJason West氏とVince Zampella氏が、Activisionを相手取って訴訟を起こしました。

先ほど公開されたプレスリリースの訴状によると、Activisionは、Modern Warfare 2の契約の一部としてロイヤリティーの支払いを予定していたそうですが、先月暗黙のうちに弁護士を雇い、根拠のない契約違反や業務命令違反の疑いで調査を進め、ロイヤリティーを支払うことなく3月1日に2人を解雇したとのこと。

「契約を破棄したActivisionの選択にはショックを受けました」とWest氏はコメント。同氏はこれまで10年近い歳月を費やしてInfinity Wardを世界レベルの開発スタジオに成長させてきたと述べ、そうした努力が評価されなかったことに、強い遺憾の意を表明しています。

訴状では、Activisionにロイヤリティーの支払いを求めるだけでなく、2人の元幹部がModern Warfare関連作品をコントロールする権利も同時に要求しています。(ソース: PRNewswire: Jason West and Vince Zampella File Lawsuit Against Activision)


【関連記事】
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
『Modern Warfare 2』の売上高が10億ドルを記録!Activisionが発表
『Band Hero』を巡りNo DoubtがActivisionを訴訟。Activisionは正当性を主張
『GH5』のカート・コバーン出演にコートニー・ラブやニルヴァーナの元メンバーが抗議
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

    『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  2. Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

    Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

  3. 血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

    血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

  4. 「Blizzard Battle.net」年内に日本円での支払いに対応―カナダ・ニュージーランドの現地通貨にも

  5. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  6. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  7. 『グランツーリスモSPORT』の山内一典氏、イタリアの大学で名誉学位を受贈

  8. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  9. RTS『サドン ストライク 4』特番が10月20日に生放送―ローカライズディレクターの西尾勇輝氏も出演!

  10. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

page top