SCE担当者: 海外で『Demon's Souls』をソニーがローカライズをしなかったのは失敗 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE担当者: 海外で『Demon's Souls』をソニーがローカライズをしなかったのは失敗

家庭用ゲーム PS3

GDC 2010では、カプコンやソニーの担当者が日本産ゲームの海外向けローカライズについて議論するパネルディスカッションが行われたそうですが、SCEAのローカライズ担当者がPS3のDemon's Soulsについて気になる発言をしています。

Sony Computer Entertainmentのソフトウェア部門で副社長を務めるYeonkyung Kim氏が語ったところによると、Demon's Soulsの正統ではないゲームシステムや容赦のない難易度の高さから、当初日本以外のセールスは期待できないと判断し、ローカライズを見送ったとのこと。

しかし、代わりにAtlusから北米で発売されたDemon's Soulsは、口コミなどでその評判が広まり、初期出荷本数が1万5,000本程度というソニーの予想を遙かに上回る25万本に迫るセールスを達成。大手ゲームサイトGameSpotで2009年のGame of the Yearを受賞するなど海外でも大成功を収めることに。

Kim氏は発売を見送った当初の判断を「誤りだった」と認め、「(Demon's Soulsは)ファースパーティータイトルとして発売するべきでした」とコメントしたそうです。(ソース: 1UP: GDC 2010: The Changing Face of Localization)


【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Demon's Souls』
GameSpotが選ぶ2009年のベストゲームが『Demon's Souls』に決定
Spike TV Video Game Awards 2009受賞作品発表!GOTYは『Uncharted 2』
Bethesda、現代アクション+古典RPG『Hunted: The Demon's Forge』発表
BioWareの「JRPGは進化が不足している」発言、海外ユーザーの反応は…
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

    スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

  2. 『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

    『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

  3. 「バーチャロン」最新作『とある魔術の電脳戦機』は2018年2月15日に発売、最新PVも到着!【UPDATE】

    「バーチャロン」最新作『とある魔術の電脳戦機』は2018年2月15日に発売、最新PVも到着!【UPDATE】

  4. スクウェア・エニックス新作ロボゲー『LEFT ALIVE』が発表!【UPDATE】

  5. PS VR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』発表!開発はコナミ/Cygames【UPDATE】

  6. PS4『北斗が如く』2018年2月22日発売!世紀末プレミアムエディションも発表【UPDATE】

  7. PS4版『ドラゴンズクラウン・プロ』発表!PS3/PS Vitaとのクロスプレイにも対応

  8. リメイクPS4版『ワンダと巨像』最新映像!戦うほどに哀しくなる物語、再び

  9. 『モンスターハンター:ワールド』モデルのPS4 Proが数量限定で12月7日より発売決定

  10. PS4版『FFIX』発表! 本日9月19日よりPS Storeで配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top