海外サイトによる『バイオハザード6に求める5つの要望』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトによる『バイオハザード6に求める5つの要望』

PC Windows



レベルの高いグラフィックや協力プレイの要素が支持されたものの、そのストーリーやゲーム性の面で賛否両論の評価を受けたカプコンの人気サバイバルホラー最新作バイオハザード5。海外サイトのGamesRadarでは、最近の同シリーズ作品の不満点などを基に、いずれ発売されるであろうバイオハザード6への要望や改善点を5つリストアップしています。その内容をざっとまとめてご紹介。
1. もっと怖くしてほしい。

※PS1時代の作品に比べ最近の2作は恐怖が少ない。DLCのLost in Nightmaresでは初期作品の恐怖が再現されていたので、音楽や雰囲気を活用して恐怖を演出してほしい。昔のように敵の数は少ない方が良い。追跡者ネメシスは最強。

2. ゴア表現を復活させてほしい。

3. 既存のキャラクターを使わないでほしい。

※既存のキャラクター設定やストーリー背景はワケが分からなくなっているので、一旦白紙に戻して全く新しいキャラクターや舞台を使った方が新規のプレイヤーも楽しめるのでは。但しバリー・バートンのスピンオフなら歓迎。

4. ところで、いい加減移動しながら銃を撃てるようにしてくれませんか!?

※これには「緊張感がなくなる」といった否定の意見もあるかもしれないが、Dead Spaceでは恐ろしい世界観を失うことなく歩きながら銃を撃ってエイリアンを倒すことができる。

5. 最初からディスクに入ってるバーサスモードにお金を払わせるのはやめてください!

(ソース&イメージ: GamesRadar)


【関連記事】
『バイオハザード5 オルタナティブエディション』海外ではDLCとしてPS3、Xbox 360で発売
全く新しいバイオハザード?『Resident Evil PSP』はPSP向けに作られた完全新作
『バイオハザード5』の有料ダウンロードコンテンツ『VERSUS』はアンロックキー?
海外レビューハイスコア 『Resident Evil 5』(バイオハザード5)
賛否両論…『バイオハザード5』人種差別問題、米大手メディアでも議論の的に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

    『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

  2. Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

    Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

  3. GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

    GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

  4. 実在の監獄島を舞台にしたサバイバル『SCUM』最新ゲーム映像

  5. 『STAR WARS バトルフロント II』カスタマイズ要素など新情報続々

  6. 『シャドウ・オブ・ウォー』キルを連鎖させる驚愕スキル!海外メディア映像

  7. 『Heroes of the Storm』20人のヒーロー無料解除!アップデート2.0後にログインで

  8. PC版『Terraria』最新アップデート「1.3.5」配信!―4K対応やズーム設定など追加

  9. PC版『ニーア オートマタ』Steamにて発売開始!

  10. 『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』頼みの綱はフライパン?アップデートで驚きの効果!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top