Activision内部から『Call of Duty 7: Black Ops』の情報がリーク | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision内部から『Call of Duty 7: Black Ops』の情報がリーク

PC Windows

Call of Dutyシリーズの最新作はWorld at Warを手掛けたTreyarchが開発を担当し、2010年中に発売されると言われていますが、Activisionのインサイダー情報から新たなゲームディテールが伝えられています。

※フェイクやネタバレの可能性もあるので注意!

* タイトル名はCall of Duty 7: Black Ops

* 2010年11月に発売予定。

* 冷戦やベトナム戦争をベースにした時代設定。キューバや南アフリカのミッションも登場。

* 1980年代のイラン大使館を舞台にしたミッションではプレイヤーがイギリス軍のSpecial Air Service(SAS)の隊員となる。ここでは近接戦闘もある。

* Call of Duty: World at Warで人気だったゾンビモードをフィーチャー。

* PC版は(Modern Warfare 2で廃止された)デディケイテッドサーバーをフィーチャー。


(ソース: MapModNews via Destructoid)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂
噂の『Call of Duty 7』は2010年11月に発売?英国取引関係者からの情報
Treyarchが開発する『Call of Duty』次回作の舞台は現代戦ではない?
Infinity Ward、Treyarchに続く第3のデベロッパーが『Call of Duty』新作を開発中?
『Call of Duty 7』はやはりTreyarchが開発中? アニメーターがプロフィール上でポロリ
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

    PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

  2. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  3. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  4. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  5. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  6. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  7. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  8. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  9. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  10. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top