三上氏:『ゴッドハンド』は自由につくりすぎた、『VANQUISH』は幅広くアピール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

三上氏:『ゴッドハンド』は自由につくりすぎた、『VANQUISH』は幅広くアピール

2006年に国内外で発売されたPS2のアクションゲーム、 GOD HAND(ゴッドハンド) 。クローバースタジオの尖った作品として、一部では評価の高い本作について、ディレクターをつとめた三上真司氏がEDGE誌のインタビューの中で振り返っています。

家庭用ゲーム Xbox360

2006年に国内外で発売されたPS2のアクションゲーム、GOD HAND(ゴッドハンド)。クローバースタジオの尖った作品として、一部では評価の高い本作について、ディレクターをつとめた三上真司氏がEDGE誌のインタビューの中で振り返っています。

氏は、「特にゴッドハンドに関して言えば、自由を与えられすぎて好きなようにつくってしまった」と、セールスに結びつかなかった経緯を語っています。そして、次回作のVANQUISH(ヴァンキッシュ)では「幅広いオーディエンスにアピールするためによりマスマーケット向けになる」と話し、ゴッドハンドの結果が教訓となったことを伝えています。

プラチナゲームズの新作シューターVANQUISHは、日本では2010年冬発売予定。インタビューの詳しい内容については、Edgeの213号に掲載されているようです。(ソース: CVG)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

    ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  2. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

    自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

  3. この緊迫感、初めての感覚だ…『Days Gone』プレイレポ―感染者の大群に追われる恐怖【TGS2018】

    この緊迫感、初めての感覚だ…『Days Gone』プレイレポ―感染者の大群に追われる恐怖【TGS2018】

  4. 国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

  5. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  6. デビルブレイカーのこだわりや予約特典が明かされた『デビル メイ クライ 5』スペシャルステージ!【TGS2018】

  7. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  8. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  9. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  10. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

アクセスランキングをもっと見る

page top